*

保証協会が利用できない場合とは?

公開日: : 最終更新日:2016/11/05 融資大学

信用保証協会が利用できないケースはいくつかあるのですが、代表的なものをあげます。

1.決算を粉飾している場合

決算を粉飾していたりしている会社は当然のことながら、

決算書自体が信用できないので、

信用保証協会の保証を受けることは出来ません。

2.税金を滞納や未納している場合

銀行のプロパー融資と同様、税金の滞納や未納があれば、

融資は、困難です。

3.財務や業績に大きな懸念がある場合

これは、総合的な判断ですが、

財務や業績に、借入金の返済の可能性が認められない場合です。
 

4.信用保証協会に求償債務が残っている場合
過去、信用保証協会保証付の融資を銀行から受けていて、

これが返済できないために、信用保証協会が銀行に代位弁済した場合です。

信用保証協会が銀行に代位弁済すると、債務者は銀行への返済義務はなくなる代わりに、

今度は信用保証協会へ返済する義務が発生します。
これを求償債務と呼んでいます。

この信用保証協会宛の求償債務が残っている場合は、

新たな信用保証協会の保証を受けることは出来ません。

5.信用保証協会に求償権の保証債務を負っている場合
 
信用保証協会の保証を受ける際には、連帯保証人を求められます。

会社が保証協会の求償債務を負っている場合、

その連帯保証人が、

別の会社で、社長や役員になっている場合、

その会社で、

信用保証協会の新たな保証を受けることは出来ません。

6.既存の信用保証協会保証付融資を延滞している場合
現在既に借り入れている信用保証協会保証付融資があり、

その返済を延滞している場合は、新たな信用保証協会の保証を受けることは出来ません。

7.資金使途違反
信用保証協会保証付融資を受け場合は、その申込時の必要資金理由どおりに、

使うべきですが、その理由以外の資金に使ってしまった場合、

信用保証協会の新たな保証を受けることは出来ません。

関連記事

銀行融資審査の重要ポイントその1

  kです!今回から「銀行融資審査の重要ポイント」についてお話していきます。 銀

記事を読む

信用保証料とは何?

信用保証協会が保証人の代わりになってくれる。というお話はしましたね。その利用時に必要となるのが保証料

記事を読む

信用保証協会はなぜ連帯保証人を取るの?

信用保証協会は、借主=債務者が、銀行から融資を受けるにあたり「保証人」となることで、銀行融資を受けや

記事を読む

no image

金融庁の新指標で「変わるチャンス」

麻生大臣。 金融庁の新指標で「変わるチャンス」麻生太郎財務・金融相は16日の記者会見で、地域金融機関

記事を読む

仮面銀行マンk

「審査のプロが暴露する銀行の担保評価の仕組み」①

 こんにちは^^。仮面銀行マンkです。今回は、不動産投資家の為のお話です。 「審

記事を読む

銀行は何を頼りにお金を貸すのか?④

こんにちは^^kです!今回は、銀行融資のお話し。この記事を読んでいただいているあなたは、 銀行からお

記事を読む

仮面銀行マンk

「審査のプロが暴露する銀行の担保評価の仕組み」④収益評価編

 こんにちは^^。仮面銀行マンkです。今回は、不動産投資家の為のお話です。 「審

記事を読む

no image

日本政策公庫創業融資についての疑問点解決ベスト5①

     起業・創業者がはじめて日本政策公庫創業融資を受けるにあたり、質問が多い事項を5つ

記事を読む

誰も教えてくれない銀行との新規融資取引の方法

こんにちは^^。kです。今回は、融資取引銀行戦略のちょっと裏技のお話です^^。皆さんは、新しい銀行に

記事を読む

社長への貸付金は、銀行からどう見られているのか?

こんにちは^^。kです。今回は、融資取引決算書戦略のお話です^^。 社長への貸付金は、銀行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
副業解禁企業が続々 規則の整備が必要だ

まだまだ、多くの企業で就業規則等において社員の副業が禁止されています。

no image
富裕層の上位1%が富の82%独占!

世界人口の1%にあたる富裕層が1年間に生み出された富の82%を独占した

no image
「強い者が生き残るのではない。」

あけましておめでとうございます。日経平均は、2017年上昇率は、19.

no image
次のFRB議長に、パウエル氏!

次期FRB議長に、パウエル氏!パウエルFRB理事を次期FRB議長指名の

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った

→もっと見る





PAGE TOP ↑