*

保証協会が利用できない場合とは?

公開日: : 最終更新日:2016/11/05 融資大学

信用保証協会が利用できないケースはいくつかあるのですが、代表的なものをあげます。

1.決算を粉飾している場合

決算を粉飾していたりしている会社は当然のことながら、

決算書自体が信用できないので、

信用保証協会の保証を受けることは出来ません。

2.税金を滞納や未納している場合

銀行のプロパー融資と同様、税金の滞納や未納があれば、

融資は、困難です。

3.財務や業績に大きな懸念がある場合

これは、総合的な判断ですが、

財務や業績に、借入金の返済の可能性が認められない場合です。
 

4.信用保証協会に求償債務が残っている場合
過去、信用保証協会保証付の融資を銀行から受けていて、

これが返済できないために、信用保証協会が銀行に代位弁済した場合です。

信用保証協会が銀行に代位弁済すると、債務者は銀行への返済義務はなくなる代わりに、

今度は信用保証協会へ返済する義務が発生します。
これを求償債務と呼んでいます。

この信用保証協会宛の求償債務が残っている場合は、

新たな信用保証協会の保証を受けることは出来ません。

5.信用保証協会に求償権の保証債務を負っている場合
 
信用保証協会の保証を受ける際には、連帯保証人を求められます。

会社が保証協会の求償債務を負っている場合、

その連帯保証人が、

別の会社で、社長や役員になっている場合、

その会社で、

信用保証協会の新たな保証を受けることは出来ません。

6.既存の信用保証協会保証付融資を延滞している場合
現在既に借り入れている信用保証協会保証付融資があり、

その返済を延滞している場合は、新たな信用保証協会の保証を受けることは出来ません。

7.資金使途違反
信用保証協会保証付融資を受け場合は、その申込時の必要資金理由どおりに、

使うべきですが、その理由以外の資金に使ってしまった場合、

信用保証協会の新たな保証を受けることは出来ません。

関連記事

信用保証協会って何?

中小企業や個人事業者の方が銀行に融資を申し込むと、最初に対応することが多いのが信用保証協会保証付融資

記事を読む

銀行は何を頼りにお金を貸すのか?①

こんにちは^^kです!今回は、銀行融資のお話し。 この記事を読んでいただいているあなたは、

記事を読む

仮面銀行マンk

「審査のプロが暴露する銀行の担保評価の仕組み」④収益評価編

 こんにちは^^。仮面銀行マンkです。今回は、不動産投資家の為のお話です。 「審

記事を読む

借入申し込みとキャッシュフローの関係②

 kです!今回は、 借入申し込みとキャッシュフローの関係②についてです。 前回、

記事を読む

信用保証協会が保証人になってくれるのに、なぜ保証人が必要なのか?

⇒質問 県の信用保証協会の説明会に行ってきましたが、担当者から「信用保証協会を利用するには保証人が必

記事を読む

信用保証協会の融資限度額2:県と市の信用保証協会枠とは?

信用保証協会は各都道府県に1つというのが原則ですが、中には2つ以上の信用保証協会が存在する地域があり

記事を読む

不動産融資がバブル期水準に……

銀行や信用金庫の不動産融資日銀の統計が出ました。国内銀行の2014年度の新規貸し出しは10兆円を上回

記事を読む

no image

金融庁の新指標で「変わるチャンス」

麻生大臣。 金融庁の新指標で「変わるチャンス」麻生太郎財務・金融相は16日の記者会見で、地域金融機関

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?②

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

やはり消費税延期ですね^^

安倍首相は伊勢志摩サミットの首脳会議で、世界経済に関し、エネルギーや食料、素材などの商品価格について

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み

信用保証協会はなぜ連帯保証人を取るの?

信用保証協会は、借主=債務者が、銀行から融資を受けるにあたり「保証人」

個人のカードローンの延滞は、信用保証協会の審査に影響するか?

基本、信用保証協会は個人信用情報の調査は行いませんから、カードローンの

住宅ローンの返済遅延は信用保証協会審査に影響する?

住宅ローンの返済と信用保証協会の審査。一見関係ないように思えますが、そ

信用保証協会保証付融資では個人信用情報も審査対象ですか?

個人信用情報というのは個人の消費性の借入に関する情報が取扱の対象です。

→もっと見る





PAGE TOP ↑