*

嫁は貴方の味方にはならない!

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 インベスターJr, 不動産投資編, 投資脳養成ゼミ, 株式投資編, 経済【裏】解説

0-54
こんにちは^^
kです。
副業をやろう!収入の袋を作ろう!
 
と決めて、
 
いろんなセミナーに行ったり、勉強を始める時、
 
ぶち当たる壁が、奥さん=嫁の壁です。
 

目先の安心を優先させようとする気持ちはわかりますが。

 
 
理解ある奥さんはごくごくわずかで、大部分は、
 
先行投資というものに反対します。
 
 
現状維持すると未来が暗いと分かっている場合でも、
 
特に女性は、変化するのは怖いので、
 
嫁の壁に阻まれることが多いです。
 
 
 
そんなことやって大丈夫?
 
今やっていることで利益上がっているの?
 


 
kにも経験があります。
 
ブログを書き続けている時、
 
決まって、パソコンの横に嫁が立って言いました。
 
「それでいくら稼げているの?」
 
「今は、zero=0」
 
とkがいうと。
 
「そんなこと何の意味があるの?やめてよ!」
 最初はこんなもんです。
でも、後に嫁も「ヤレ!」
と背中を押してくれる瞬間が訪れました。

それから、kは貝になりました。笑い

 
 
会社でも仮面。
 
家でも仮面。
 
です。笑い
 
 
妻への説得は諦めて、
 
決意はそっと胸に秘め、誰にもばれないようこっそり実践。
 
そして成功してから、プレゼントと共にカミングアウト^^。
「隠してたなんてズルイ!」
黙ってたことに愚痴も言われますが。笑い
まあ、どちらにしても文句は言われます。笑い
 
もう文句など言う人はいないし、
 
それまで馬鹿にしていた周囲や親戚知人たちも
 
手のひら返したようにあなたのことを、
凄い凄いと言い始めます。笑い
 
コレ本当です^^
 
 
だからこそ、
kは、言います。
「まず自分を幸せにしろ!
 
そしてさっさと袋を作り成功しろ!
 
それが家族や奥さんのため」
だと。
 
仮面銀行マンk
 
 
 
あとがき
仮面銀行リーマンKは、
 
 現実をクールに見つめる。
 
 
Kが被る仮面は2枚。
 
 一つは会社生活用。
 


もうひとつは、
 
アフター5などの、
 
 会社以外の人間とつきあうときにちらりと被るプライベート防衛用。
 
 本来の自分の能力や本心はオープンにしない。
 
 
 
その結果、
 
 仕事中は、他人の3倍のスピードで働くが、
 
アフター5は自分のビジネスや、趣味をしっかり楽しむ。
 
 
しかも、
 
 常にまわりより半歩先に行き、
 
 会社での、
 
 絶好の居場所をキープする。
 
 
 
ますます厳しくなるビジネス競争のなかでも、
 
 会社の仕組みを巧みに生かして、
 
 会社でのスイートスポットを探り当てた、
 
 仮面銀行マンKの生き方を
 
 これからお話していきます。
 
 仮面リーマンの毎日は面白い…..。笑
 
 
kが、会社で、駆け上がっていく過程は、
こちらのメルマガを読んでみてくださいね。
読者さまからかなり為になると言って頂いています。笑
 
仮面銀行マンKが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、
「あの暁に向かって走れ!」
 
5日毎の送信で、たぶん、半年ぐらいかかる長編です。
登録はコチラ⇒
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
 
3兆円を動かす男
仮面銀行マンKす
 
 
 

関連記事

China帝国とは?⑩

トランプ大統領が目標とする、 その標的は、 中国のサプライチェーンを破壊する こ

記事を読む

金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み損を抱えたり、実際に損失を出し

記事を読む

JPX日経インデックス400の先物取引が始まりました。

こんにちは^ ^kです。JPX日経インデックス400の先物取引が始まりました。 投資家にとっては先物

記事を読む

kの株の極意2 踊らされるヤツと狙うヤツ

kです!年明けの暴落相場?でダメージを受けたり、自信を無くし気味の方も多いのでは?なので、kの株式投

記事を読む

サウジアラビアとイランと原油相場

あけましておめでとうございます。 新年早々、世界が揺れています。...サウジアラビアとイラ

記事を読む

no image

米VSサウジ?対立するはずが無い。

サウジアラビアの反体制ジャーナリストが行方不明になった事件が米国とサウジの外交摩擦に発展し、原油市場

記事を読む

no image

いよいよ米中戦争のゴングが鳴った!

https://youtu.be/Ha37QVK6L4U

記事を読む

no image

【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任命させたことは。 福音派

記事を読む

China帝国とは?⑥

中国の第二の間違い? 資本主義社会が、リーマンショックの 傷跡で、惨憺たる状況の中、

記事を読む

no image

香港行政会議の招集者 陳智思氏の‬ ‪米資本銀行口座が閉鎖‬ ‪HSBCも?‬

‪ ‪フィナンシャルタイムズは香港に支店を持つ米資本や欧州の銀行が、米国の制裁に該当する可能

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑