*

kの株の極意1必勝不敗の大則

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 株式投資編

kです!

年明けの暴落相場?でダメージを受けたり、
自信を無くし気味の方も多いのでは?
なので、
kの株式投資に対する考え方の基本を
何回かに分けて、お話していこうと思います。
第一回目は、

必勝不敗の大則

相場での基本は、
ヘッジファンドやプロと正面きって戦っても絶対勝てない。
 
自分より弱いやつと戦う。
です。
宮本武蔵と同じです。
 
自分より情報弱者、投資技術が弱いやつと戦う。
これにつきます。
恰好よくはありません。
美しくもありません。
でも、天才でない普通の個人が、勝ち残る術はこれです。
kは、
株式投資をお遊びでやっていません。
ビジネス=事業としてやってるので、
この考え方は正しいと思っています。
具体的にはどういうことか?
 
・ヘッジファンドが売ってきているのに買い向かわない。
 
(リーマンショックのような異常事態の暴落は、別として)
 
・ヘッジファンドが買ってきているのに売り向かわない。
 
・素人が高値で買ってきたら売る。
 
・素人が投げて売ってきたら拾う。

それだけです。

 

それが、kの株式投資の大則です。

 

大きく言えば、

国の政策に歯向かわないということにもつながります

 

ではまた!

 

仮面銀行マンk

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

関連記事

kの株の極意2 踊らされるヤツと狙うヤツ

kです!年明けの暴落相場?でダメージを受けたり、自信を無くし気味の方も多いのでは?なので、kの株式投

記事を読む

毎月分配型投信、初の資金流出‼️

収益の一部を月々受け取れる「毎月分配型」の投資信託の販売が苦戦しています。投資信託協会によると、毎月

記事を読む

仮面銀行マンk

新入社員さん、入社オメデトウ!

こんにちは^^。kです。前回定年後のグランドデザインのお話をしました、今回は、その真逆で、新入社員向

記事を読む

仮面銀行マンk

社蓄卒業日記⑤自由と安全は両方同時に手に入らない!

こんにちは^^。kです。前回までに、まず、会社の仕事をちゃんとやり、会社でのスイートスポットを見つけ

記事を読む

仮面銀行マンk

社蓄卒業日記①会社の仕事はちゃんとやる!

こんにちは^^。kです。前回まで、収入の袋の話や、あなたの会社が貴方に見えない部分でどれぐらい投資し

記事を読む

no image

NY株5日続伸、終値の最高値

3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日続伸し、前日比54.45ドル高の2万682

記事を読む

国内で流通する現金、初の100兆円突破

国内で流通する現金つまり、お札と硬貨を合わせた残高は年末に初めて100兆円を突破する見通し。と、日経

記事を読む

株式トレードはビジネスである!

株式トレードはビジネスである!kが、こう言うとみなさん驚きます^^えっ??ビジネスなんですか?投資で

記事を読む

仮面銀行マンk

社蓄卒業日記⑥武器はPayPal!

こんにちは^^。kです。前回までに、まず、会社の仕事をちゃんとやり、会社でのスイートスポットを見つけ

記事を読む

仮面銀行マンk

給料明細だけで自分の価値を判断している貴方へ

前回まで、収入の袋の話をしました。今回は、サラリーマンとしての自分が、他の世界から、もうちょっと言う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
原油価格がなぜ?

WTI原油価格が、一時1バレル55ドルを割り込みました。アレだけ、OP

no image
トランプさんの敗北?

トランプ米大統領は6日夜、「今夜はとてつもない成功だ。みんなありがとう

no image
アメリカの中間選挙!

トランプ米政権への審判となる中間選挙を本日に控え、激戦州を飛び回るトラ

no image
NY株続落、245ドル安!

週明け29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続落し

no image
米VSサウジ?対立するはずが無い。

サウジアラビアの反体制ジャーナリストが行方不明になった事件が米国とサウ

→もっと見る





PAGE TOP ↑