*

「審査のプロが暴露する銀行の担保評価の仕組み」③建物評価編

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 不動産投資編, 不動産融資大学, 融資大学

 

不動産

こんにちは^^。

仮面銀行マンkです。

今回は、不動産投資家の為のお話です。

 

「審査のプロが暴露する銀行の担保評価の仕組み」③についてです。

このコラムをご覧になる方は、

不動産融資の知識は最低限お持ちだと思いますので、

あえて、専門用語を使っていきます。

 

第一回目は、「審査のプロが暴露する銀行の担保評価の仕組み」でした。

 第二回目は、「銀行の積算評価~土地~」でした。

今回、第三回目は、「銀行審査のプロがこっそり教える~積算評価の真実~建物編」


ということで、前回の続きです。

なお、

このコラムをご覧になる方は、

不動産融資の知識は最低限お持ちだと思いますので、

あえて、専門用語を使っていきます。

不動産投資のポイント=キモ
は、

出来るだけ自己資金の支出を抑えて
逆に銀行からの借入金は出来るだけ多くする。

加えて、いかに長期の融資を受けられるかです。

不動産投資の事業計画と成長に、


金融機関(主に銀行)がお金を貸してくれることにつながり

これを利用して資産と収入を拡大していくということでした。



ここまで、いいですね。
わからない方は、第二回を読んでみてください。



不動産融資では、
10年、20年、超長期になると、30年というローンも組めます。

では、なぜ不動産融資ではそんな長期の融資が組めるのでしょうか?

担保があるからだ。ということは何回もお話していますね。


重要なのは、担保価格つまり銀行が不動産を処分できる価格です。


その根拠が、銀行側からみると、積算価格という評価基準になってくるのです。

もう一つが、


その事業の収益性の観点からみると、収益還元価格という評価基準になります。

前回のおさらいから……。 

土地の価格には、

①相続税評価額路線価(国税庁)、

②固定資産税路線価(市町村)、

③公示価格(国土交通省)、

④基準地価(都道府県)

というのがある。(ー)が所轄官庁です。

でも、実はこれ以外での評価方法があります。
⑤最近のその物件の近くで、売買された事例を参考にするのです。

そして、もう一つが、
⑥業者に聞いてしまえ!ということです。

このように、①~⑥を参考に積算評価を出すわけです。
 
それらを踏まえて、本題の建物の評価に入るわけです。

建物の評価とは?

基本の算式から書いてしまいますね。

「積算評価=再調達価格×需要率×耐用残存年数×調整」
です。

基本はどこの金融機関でも違いはないと思います。

再調達価格とは、


評価時点で同じ建物を立てた時の価格です。

銀行によって、その根拠はいろいろありますが、


各法務局管内新築建物課税標準価格認定基準表や、

各損害保険会社が算出している新築単価表が、

基本になっていると思います。

さあ、一気に進めます。


次は、需要率です。

これは、各金融機関でちょっと異なりますので、


融資担当者にぶっちゃけ聞いてみてください。笑

 

「御行のマンションやアパート等の共同住宅やビルの


 需要率ってどれくらいですか?」って。

おそらく、「オッ!この人プロだな….」


って思われるはずです。
あなたへの対応も、変わってきますよ。笑


横道にそれましたが、


次は耐用残存年数です。

法定耐用年数は、


①木造⇒22年
②鉄骨造⇒37年
③RC⇒47年
ですね。

ここから、残存年数を算出するわけです。

最後は、調整値。


何のこと?って感じですが、
要するに、見た目です。笑

同じ場所、同じ材質、同じ残存年数の物件でも、
その管理の仕方で雲泥の差が出てきます。

これらを総合的に判断して、その建物の積算評価を算出します。

 

どうでしょう?
参考になりましたか?


余談なんですが、


物件探しは、
データだけで、判断してはなりません。
その地に足を運び、初めてその実態がわかるのです。

意外と皆が敬遠している物件に宝物が潜んでいることが
ありますから…..。笑

審査をいていた時、この業者なかなか上手いなあ….。
と感じることがよくありました^^。

ではまたお会いしましょう!

 

 

仮面銀行マンk

 

関連記事

信用保証協会はなぜ連帯保証人を取るの?

信用保証協会は、借主=債務者が、銀行から融資を受けるにあたり「保証人」となることで、銀行融資を受けや

記事を読む

信用保証協会の審査のキモ

信用保証協会の審査のキモについてお話します。 信用保証協会保証付融資の審査は、銀行も行うの

記事を読む

銀行は何を頼りにお金を貸すのか?②

こんにちは^^kです!今回は、銀行融資のお話し。この記事を読んでいただいているあなたは、 銀行からお

記事を読む

信用保証協会を利用できる会社とは?

信用保証協会保証付融資は、利用できる企業や事業者の基準が定められています。 信用保証協会保証付融資が

記事を読む

個人のカードローンの延滞は、信用保証協会の審査に影響するか?

基本、信用保証協会は個人信用情報の調査は行いませんから、カードローンの延滞履歴の有無を把握することは

記事を読む

銀行を選ぶ際の注意点③新規口座開設で忘れてはならないこと

 kです!今回は、銀行を選ぶ際の注意点の第三回目。 新規口座開設についてです。普段皆さんは

記事を読む

国内で流通する現金、初の100兆円突破

国内で流通する現金つまり、お札と硬貨を合わせた残高は年末に初めて100兆円を突破する見通し。と、日経

記事を読む

銀行は何を頼りにお金を貸すのか?③

こんにちは^^kです!今回は、銀行融資のお話し。この記事を読んでいただいているあなたは、 銀行からお

記事を読む

不動産投資家の為の銀行審査裏側金利交渉術その1

おそらくみなさんが、一番関心があって、悩みの種でもある、「金利交渉」について、 その舞台裏

記事を読む

信用保証協会保証付融資の仕組みと流れ

信用保証協会保証付融資の仕組みと流れを解説します。1.信用保証委託の申込み信用保証協会保証付融資を受

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み

信用保証協会はなぜ連帯保証人を取るの?

信用保証協会は、借主=債務者が、銀行から融資を受けるにあたり「保証人」

個人のカードローンの延滞は、信用保証協会の審査に影響するか?

基本、信用保証協会は個人信用情報の調査は行いませんから、カードローンの

住宅ローンの返済遅延は信用保証協会審査に影響する?

住宅ローンの返済と信用保証協会の審査。一見関係ないように思えますが、そ

信用保証協会保証付融資では個人信用情報も審査対象ですか?

個人信用情報というのは個人の消費性の借入に関する情報が取扱の対象です。

→もっと見る





PAGE TOP ↑