*

銀行の担当者をあなたの味方につけるには?

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 不動産融資大学, 創業融資大学, 融資大学

kです!

「銀行の担当者を、
 
自分の味方につけるにはどうしたらいいですか?」

そんな質問が来ました。

 
つまり、支店長とかに、
自分の会社や自分のことを
 
よく言って欲しいということですね^^。


うーん(。-_-。)

いろいろ方法はありますが、

Kは、こうお答えしておきました。


・「日頃から、自分の会社のことは隠さずにお話する」

・「よその銀行に露骨に浮気はしない。」

・「お金を借りたい際、一番に相談する。」

こう言ったところです。
 
 
ココからは、
 

裏技のお話です。


 担当者を味方につける…….。

 
銀行の担当者が苦しんでいるノルマを
まずは聞き出すことから始めてください。


だいたい、今なら、投資信託や保険やカード等です。
 
定期預金は、あまり嬉しくないはずです。笑

もし、御社に余裕があれば、

どれかを無理のない程度にやってあげる。


 そして、これは、究極ですが、
 
支店長に、その担当者のことを褒めちぎることです。

その話は、ダイレクトにその担当者にいくはずです。

ちょっと、オーバーでも構いません。笑

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

関連記事

借入申し込みとキャッシュフローの関係②

 kです!今回は、 借入申し込みとキャッシュフローの関係②についてです。 前回、

記事を読む

安倍首相、女性の創業支援を力説!

 安倍総理は、都内で開いた「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム」で講演し、途上国支援で

記事を読む

借入申し込みとキャッシュフローの関係①

 kです!今回は、 借入申し込みとキャッシュフローの関係についてです。 kは、数

記事を読む

no image

スルガ銀、週内にも処分へ!

金融庁が、シェアハウス向け融資で不正が横行していたスルガ銀行に対し、週内にも不動産融資業務などの一部

記事を読む

no image

レオパレス施工不良問題受け 国交省が他社も調査へ!

レオパレス施工不良問題受け国交省が他社も調査するとの報道です。 姉歯事件のようなことに、な

記事を読む

【起業創業の参考書】準備編①

起業したい人が、やっておくべきこと、 知っておくべきこと、押さえるべきポイント、

記事を読む

個人事業主やSOHOを目指す方が知っておくべき法人経理①

kです!今回は、会社の経理についてです。独立をして今まさに確定申告に直面している人、これから独立を考

記事を読む

no image

1法人1物件スキームの崩壊

会社員が不動産ローン20億円、突然の「融資中止」通告!「1法人1物件スキーム」に対しての厳しい対応は

記事を読む

no image

不動産投資への過剰融資抑制 金融庁調査へ!

金融庁は地方銀行などを対象に投資用不動産向け融資の実態調査に乗り出す。超低金利や不動産市況の好転を背

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?②

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑