*

銀行の担当者をあなたの味方につけるには?

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 不動産融資大学, 創業融資大学, 融資大学

kです!

「銀行の担当者を、
 
自分の味方につけるにはどうしたらいいですか?」

そんな質問が来ました。

 
つまり、支店長とかに、
自分の会社や自分のことを
 
よく言って欲しいということですね^^。


うーん(。-_-。)

いろいろ方法はありますが、

Kは、こうお答えしておきました。


・「日頃から、自分の会社のことは隠さずにお話する」

・「よその銀行に露骨に浮気はしない。」

・「お金を借りたい際、一番に相談する。」

こう言ったところです。
 
 
ココからは、
 

裏技のお話です。


 担当者を味方につける…….。

 
銀行の担当者が苦しんでいるノルマを
まずは聞き出すことから始めてください。


だいたい、今なら、投資信託や保険やカード等です。
 
定期預金は、あまり嬉しくないはずです。笑

もし、御社に余裕があれば、

どれかを無理のない程度にやってあげる。


 そして、これは、究極ですが、
 
支店長に、その担当者のことを褒めちぎることです。

その話は、ダイレクトにその担当者にいくはずです。

ちょっと、オーバーでも構いません。笑

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

関連記事

信用保証協会の融資限度額2:県と市の信用保証協会枠とは?

信用保証協会は各都道府県に1つというのが原則ですが、中には2つ以上の信用保証協会が存在する地域があり

記事を読む

銀行は、社長の素行には注意している。

kです!今回は、社長の素行についてです。 銀行の審査マンは、書類だけで会社を判断しなければ

記事を読む

安倍首相、女性の創業支援を力説!

 安倍総理は、都内で開いた「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム」で講演し、途上国支援で

記事を読む

日本政策公庫創業融資書類Q&A②

今回は、日本政策公庫創業融資書類Q&A②です。 日本政策公庫創業融資を申し込むなら

記事を読む

誰も教えてくれない銀行との新規融資取引の方法

こんにちは^^。kです。今回は、融資取引銀行戦略のちょっと裏技のお話です^^。皆さんは、新しい銀行に

記事を読む

個人のカードローンの延滞は、信用保証協会の審査に影響するか?

基本、信用保証協会は個人信用情報の調査は行いませんから、カードローンの延滞履歴の有無を把握することは

記事を読む

信用保証協会が保証人になってくれるのに、なぜ保証人が必要なのか?

⇒質問 県の信用保証協会の説明会に行ってきましたが、担当者から「信用保証協会を利用するには保証人が必

記事を読む

直接、信用保証協会に申込するの?

⇒質問信用保証協会融資を希望しています。これに関して、信用保証協会の融資を利用する際、直接、信用保証

記事を読む

仮面銀行マンk

「審査のプロが暴露する銀行の担保評価の仕組み」②土地評価編

 こんにちは^^。仮面銀行マンkです。今回は、不動産投資家の為のお話です。 「審

記事を読む

元金均等返済とは何ですか?

元金均等返済とは、ローン返済方法のひとつで、支払い開始から支払い終了まで、元金部分を均等割りにし、そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
副業解禁企業が続々 規則の整備が必要だ

まだまだ、多くの企業で就業規則等において社員の副業が禁止されています。

no image
富裕層の上位1%が富の82%独占!

世界人口の1%にあたる富裕層が1年間に生み出された富の82%を独占した

no image
「強い者が生き残るのではない。」

あけましておめでとうございます。日経平均は、2017年上昇率は、19.

no image
次のFRB議長に、パウエル氏!

次期FRB議長に、パウエル氏!パウエルFRB理事を次期FRB議長指名の

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った

→もっと見る





PAGE TOP ↑