*

日本政策公庫創業融資についての疑問点解決ベスト5⑤

公開日: : 最終更新日:2016/01/04 創業融資大学, 融資大学

疑問

 

起業・創業者がはじめて日本政策公庫創業融資を受けるにあたり、
 

質問が多い事項を5つお答えします。

1つづつ解説していきましょう^^。
 
1、自分でも借りられるのか?
2、いくら借りることができるのか?
3、法人と個人事業どっちが良いの?
4、融資を受けるために用意すべきもの?
5、融資を受けられるのは申請してからどれくらい時間がかかる?

 

今回は、

融資を受けられるには申請してからどれくらい時間がかかる?

についてです。

 

融資を受けられるのは申請してからどれくらい掛かるの?

融資を受けるまでの流れをまとめると、


【会社の設立(個人事業の場合はなし)】

【融資の申し込み書類提出】

【日本政策公庫創業融資担当者面談】約1~2週間以内

【融資の可否決定】

【契約書類を郵送してくる】約1週間以内

【融資実行で口座に入金】書類を返送してから約1週間内外


という流れです。

 

会社の設立に掛かるのが約1ヶ月、

そして融資までが同じく約1ヶ月ぐらいと捉えておけば間違いないでしょう。


ただし、日本政策金融公庫の担当者の忙しさなども影響します。

 

 

どうでしょうか?

日本政策公庫創業融資申請についてだいぶ分かってきましたか?

日本政策公庫創業融資についての、質問の多い疑問点を5つ解説してきました。


最後に、ココだけのとっておきのポイントをお伝えしておきます。

それは、日本政策公庫創業融資は、確定申告が2期以内での融資が条件ですが、

実は、

融資は、設立してすぐが一番借りやすい。

ということです^^。

 

ビジネスが予定どおりうまくいけば融資は簡単におります。


しかし、設立して1期目など、

思ったとおりには行かない場合の方が現実でしょう。


そうなると、

日本政策公庫創業融資担当者から、


「もう少し様子を見たいので、1期終わってから決算書を持ってきて下さい」

などと言われてしまい融資がおりにくくなることがあります。

これは、銀行融資マンの立場からするとよくあることなのです。


なので、事業を行っていない設立時は、

未来の計画をもとに貸してくれるワケです。

 

この創業融資の部分は、市中の銀行は制度としてはありますが、

まだまだハードルは高いです。

日本政策公庫創業融資が一番積極的です。

ココはぜひ、覚えておいてくださいね^^。

 

仮面銀行マンk

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

直接、信用保証協会に申込するの?

⇒質問信用保証協会融資を希望しています。これに関して、信用保証協会の融資を利用する際、直接、信用保証

記事を読む

銀行は、社長の素行には注意している。

kです!今回は、社長の素行についてです。 銀行の審査マンは、書類だけで会社を判断しなければ

記事を読む

CRDスコアとは?

CRDとは、中小企業信用リスク情報データベースのことです。平成13年3月に中小企業庁が中心となり、中

記事を読む

銀行の担当者をあなたの味方につけるには?

kです!「銀行の担当者を、 自分の味方につけるにはどうしたらいいですか?」 そんな質問が来ました。 

記事を読む

銀行は何を頼りにお金を貸すのか?④

こんにちは^^kです!今回は、銀行融資のお話し。この記事を読んでいただいているあなたは、 銀行からお

記事を読む

【起業創業の参考書】準備編①

起業したい人が、やっておくべきこと、 知っておくべきこと、押さえるべきポイント、

記事を読む

日本政策公庫の創業融資制度が変わりました。

アベノミクスが始まって、7年になろうとしています。今年選挙があって、2021年までには、

記事を読む

信用保証協会の保証余力と銀行プロパー融資の関係

信用保証協会の保証付融資は万が一、債務者が返済不能に陥っても、銀行は信用保証協会から代位弁済を受ける

記事を読む

【必見】日本政策公庫創業融資 女性小口創業特例制度

今回は、ぜひ女性の方に知っておいて欲しい制度の説明です。それが、女性の小口創業を支援(新創業融資制度

記事を読む

副業解禁、主要企業の5割!

厚生労働省は2018年1月、 「副業・兼業の促進に関するガイドライン」 を作成して以来

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





PAGE TOP ↑