*

日本政策公庫創業融資書類Q&A①

公開日: : 最終更新日:2016/01/17 創業融資大学, 融資大学

疑問

今回は、日本政策公庫創業融資書類Q&Aです。

 

日本政策公庫創業融資を申し込むなら
 
まず、このチェックリストに沿って、
 
事業計画及び事業計画書を作成しましょう。
 
大事なのは【事業計画書】と【面接】です。
 
 
 
日本政策公庫創業融資のHPに、
 
創業の手引きがあります。
 
 
この中で、創業するのに必要なハードルが書かれています。
 
それをkが解説しながら、このハードルをクリアしていただけたら幸いです。
 
※質問は日本政策金融公庫のHPより抜粋したものです。
 
 
 1.【創業動機は明確ですか?】
ここでたいせつなのは、夢を語るのではなく、
どういう目的で、何をやりたいかをはっきりさせることです。
あわせて、創業しようとする事業内容の強み、弱みを理解して
いるかどうかも重要なポイントです。
なぜ今やろう(創業)としているのか、なぜその事業なのか?
説得力ある理由がポイントです。
 
 
2.【創業する事業について経験や知識はありますか?】
 
創業・起業するからには、経験のない事業は普通考えられません。
創業しようとする事業は、まず経験のある業種や知識、興味のある
ところおよびその周辺というのが必要条件です。
 
なぜなら、
新創業融資制度(無担保・無保証人)では、
要件のひとつに創業しようとする業種の経験年数を
「6年以上」としているからです。
 
技術・技能・ノウハウなどの修得には経験が何よりも重要です。
また、受注先を確保できるかどうかは、
勤務時代につちかった人脈、信用が大きく左右します。
そこを日本政策公庫創業融資では見ているのです。
 
日本政策公庫創業融資制度⇒
 
 
ただし、例外があります。
それは、女性特別枠です。
この制度は、300万円を上限として、
原則経験は問われません
 
女性小口創業特例制度HP⇒

続く
kは、不定期に、ほぼシークレットで創業融資セミナーを行っています。
もし、ご参加希望があれば、ご案内を差し上げますので
コチラに事前登録をお願いします。
 
創業融資セミナー事前登録⇒

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

信用保証協会の融資限度額2:県と市の信用保証協会枠とは?

信用保証協会は各都道府県に1つというのが原則ですが、中には2つ以上の信用保証協会が存在する地域があり

記事を読む

銀行は何を頼りにお金を貸すのか?②

こんにちは^^kです!今回は、銀行融資のお話し。この記事を読んでいただいているあなたは、 銀行からお

記事を読む

no image

熊本地震、復興へ政府が旅行券(^ ^)

政府は、5月31日、熊本地震対策として導入する「九州観光支援旅行券」の詳細を発表しました。180億円

記事を読む

日本政策公庫の創業融資制度が変わりました。

アベノミクスが始まって、7年になろうとしています。今年選挙があって、2021年までには、

記事を読む

日本政策公庫創業融資についての疑問点解決ベスト5⑤

 起業・創業者がはじめて日本政策公庫創業融資を受けるにあたり、 質問が多い事項を5つお答え

記事を読む

直接、信用保証協会に申込するの?

⇒質問信用保証協会融資を希望しています。これに関して、信用保証協会の融資を利用する際、直接、信用保証

記事を読む

自分の個人信用情報を見てみよう!

こんにちは^^kです。   個人信用情報とは?個人信用情報は、クレジットカード、ローンなどの借入契約

記事を読む

仮面銀行マンk

「審査のプロが暴露する銀行の担保評価の仕組み」①

 こんにちは^^。仮面銀行マンkです。今回は、不動産投資家の為のお話です。 「審

記事を読む

これからの銀行融資に対する政府の本音

kです!今回は、 これからの国の、企業融資に対する本音についてです。 本音として、国は今後

記事を読む

no image

金融庁の新指標で「変わるチャンス」

麻生大臣。 金融庁の新指標で「変わるチャンス」麻生太郎財務・金融相は16日の記者会見で、地域金融機関

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





PAGE TOP ↑