社蓄卒業日記⑤自由と安全は両方同時に手に入らない!

仮面銀行マンk サラリーマン処世術
こんにちは^^。
kです。
前回までに、
まず、会社の仕事をちゃんとやり、
会社でのスイートスポットを見つけよう。
お酒を避ける宣言を堂々とすること。
ゴルフを止める。
「肩書き」をいつでもポイっと捨て去る用意。
というお話をしました。
今回は、自分の人生を劇的に変えようとkがやった5つ目のこと。
 

自由と安全は両方同時に手に入らない!

つまり、リスクを取るということ。

 
 
何故こんなにも差が開いたのだろう?
 
確か、入社5年目までは、
 
自分は、マラソンで言ったら、
 
最後尾をヨタヨタと歩いていたはず
というか、
そのマラソンレースは、
もう降りようと思ってたはず
 
なのに。
 
ダメダメkが、ターボエンジンを搭載して、駆け上がっていく様は、
 
メルマガ
「あの暁に向かって走れ!」を読んで欲しい。
登録はコチラ⇒
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
今のお話しは、ある程度の地位になってから
 
の行動のお話しです。
 
確かに、会社での地位とかは、そんなに変わらない同期も、
 

会社外での人脈や豊かさを比べると

全然違うワケです。

 
 
1日1日コツコツと、ちょっとずつ変化変化身、をしていきました。
 
 
サラリーマンは、とにかく安定を好む。
 
k自身がそうだったので良く分かる。
毎月同じ日に給与、そして年二回のボーナス。
 
ほぼ決まった額をもらえるから、その額の中で生活をする。
 
その生活パターンに慣れ切っている。
 
 
しかし、「社畜卒業」ということは、「安定」と決別することを意味する。
「給料明細」に心を奪われる自分とは決別すること。
 
自分の中で独立するということは、
まずは自分に「個人事業主だ!」なんだと宣言しなければならない。


 
「労働者でなく経営者だ!」と叫ぶこと。
経営者目線で見ているのか?
労働者目線で見ているのか?
 
 
だから、会社以外の報酬を取ることのリスク。

このリスクを取ることが、最初は猛烈に怖かった。

ちゃんとした組織にいるほど怖い。
 
しかし、リスクを取らないと自由は得られない。
 


「え?脅えてるけど、そもそもお前は社畜に戻りたいの?」
 
社畜も、いずれは、ポイされる身だ。
 
リスクを取り、そしてその見返りとして、
誰からも束縛されない、正真正銘の自由を得る。
 
 
最初は、コッソリと、したたかに

やって欲しい。
 


そして、この「皆んなに知られる、会社に知られるリスクを取る」と決めることが、
kが社畜卒業の過程で、一番難しく大変なことでもあった。
 
 
しかし、このリスクを取ると決意したことが、
すべての始まりだったとkは思っている。
 
 
自由と安全は、
 
両方同時には手に入らない。
 
 
だからこそ、とても貴重であり、でも決意し、
行動するのが一番難しいことなのだ。
 
 

あとがき
 
仮面銀行マンKは、
 
 現実をクールに見つめる。
 
Kが被る仮面は2枚。
 
 一つは会社生活用。
 
もうひとつは、
 
アフター5などの、
 
 会社以外の人間とつきあうときにちらりと被るプライベート防衛用。
 
 
 本来の自分の能力や本心はオープンにしない。
 
その結果、
 
 仕事中は、他人の3倍のスピードで働くが、
 
アフター5は自分のビジネスや、趣味をしっかり楽しむ。
 
しかも、
 
 常にまわりより半歩先に行き、


 会社での、
 
 絶好の居場所をキープする。
 
ますます厳しくなるビジネス競争のなかでも、
 
 会社の仕組みを巧みに生かして、

 会社でのスイートスポットを探り当てた、
 
 仮面銀行マンKの生き方を
 
 これからお話していきます。
 
 仮面リーマンの毎日は面白い…..。笑


kが、会社で、駆け上がっていく過程は、
こちらのメルマガを読んでみてくださいね。
読者さまからかなり為になると言って頂いています。笑
 
仮面銀行マンKが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、
「あの暁に向かって走れ!」
 
5日毎の送信で、たぶん、半年ぐらいかかる長編です。
登録はコチラ⇒
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
 
3兆円を動かす男
仮面銀行マンKす
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました