給料明細だけで自分の価値を判断している貴方へ

仮面銀行マンk サラリーマン処世術
前回まで、収入の袋の話をしました。
今回は、
サラリーマンとしての自分が、

他の世界から、
もうちょっと言うと、

お金の神様=銀行、金融機関から、
どう、映っているのか?

お話してみたいと思います。

サラリーマンとしての

自分の弱みは、
嫌というほど、並べられると思います。
自己の価値を感じることなんて、
たぶんそう多くないでしょう。

kも、そう思ってた一人だからよくわかるんです。
毎日、毎日、代わり映えしないつまらない日が続く。
が、
それは、「労働者」としての貴方。

視点を変えて、
例えば、不動産を買う立場になったら、

その会社員としての立場は、
180度回転する。
サラリーマンとしての強味に、
気づくことになるワケです。
お金の神様=銀行、金融機関は、

しがないサラリーマンにも、
微笑んでくれるから。
???
経験がない貴方には、
わからないだろうが、
ヘタな野球選手や、歌手より、

銀行は、例え、
彼らの年収の半分以下でも、
貴方たちに、お金を貸します。

それは、サラリーマンという、

毎月安定収入源に貸すとも言えます。

これは、
不動産融資に限る話ではありません。
クレジットカードも然り。

サラリーマンの時代なら、
難なく出来るクレジットカードも、
辞めたら、ショボいクレジットカードも作るのが難しい。

カードローンなど、典型だ。
これも辞めたら、返済して、解約してくれと言われるかも。

今日、貴方に、忠告しておく。
サラリーマンに嫌気が差すことも
あるだろう。
会社を辞めたくなる日も、あるだろう。
でも、そんな時、会社がどれくらい
貴方に投資しているか、
よーく考えること。

驚くことに、1年間で、

ほぼ年収分だけ、
君たちに投資している。
社会保険料、健康保険料、研修費、
福利厚生費、交通費、等々。

本当は、会社が払っている貴方への投資は、

年収の倍あるんです。

銀行は、そのことに貸すのだ。
これを、忘れるなかれ。

給料明細は、君の一部でしかないと心得よ!
そして、その強味を生かす生き方を
考えること。
 
あとがき
 
仮面銀行リーマンKは、
 
 現実をクールに見つめる。
 
 
Kが被る仮面は2枚。
 
 一つは会社生活用。
 
もうひとつは、
 
アフター5などの、
 
 会社以外の人間とつきあうときにちらりと被るプライベート防衛用。
 
 
 本来の自分の能力や本心はオープンにしない。
 
その結果、
 
 仕事中は、他人の3倍のスピードで働くが、
 
アフター5は自分のビジネスや、趣味をしっかり楽しむ。
 
しかも、
 
 常にまわりより半歩先に行き、
 
 会社での、
 
 絶好の居場所をキープする。
 
ますます厳しくなるビジネス競争のなかでも、
 
 会社の仕組みを巧みに生かして、
 
 会社でのスイートスポットを探り当てた、
 
 
 仮面銀行マンKの生き方を
 
 これからお話していきます。
 
 仮面リーマンの毎日は面白い…..。笑
 
kが、会社で、駆け上がっていく過程は、
こちらのメルマガを読んでみてくださいね。
読者さまからかなり為になると言って頂いています。笑
 
仮面銀行マンKが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、
「あの暁に向かって走れ!」
 
5日毎の送信で、たぶん、半年ぐらいかかる長編です。
登録はコチラ⇒
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
 
3兆円を動かす男
仮面銀行マンKす
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました