副業を認める会社は、ごく僅か??

サラリーマン処世術

エン・ジャパン株式会社は、

正社員で勤務する20代から40代の5,584名を対象に

「副業」についてアンケート調査を実施し、その結果を5月31日に発表しました。

正社員で働く人のうち88%が「副業に興味ある」と回答したものの、


実際に副業経験が「ある」と回答したのは33%にとどまった。

副業経験があると回答した人に現在の状況を聞くと、

現在も副業を続けている人は38%で、62%の人がすでに副業をやめていました。

 

副業をやめた理由では
「副業禁止の会社のため、マイナンバー制度導入と同時に止めた」
「副業が禁止の会社で、副業がバレてしまったため 」
「本業が忙しく、身体がキツくなった」

といったコメントが見られたようです。

昨年、政府は副業について厚生労働省の
「モデル就業規則」から
副業・兼業禁止規定をなくして
「原則禁止」から「原則容認」に転換し、
正社員の副業や兼業を後押しする方針を示していました。

しかし、副業や兼業を認める企業は一部に限られ、副業容認は、まだハードルが高いようです。

哲投資新聞LINE@では、
不定期に、マーケットや経済情勢等の裏ネタも配信しています。

登録は、コチラ
黒哲投資新聞LINE@↓

LINE Add Friend

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました