*

日銀マイナス金利導入から思うこと

公開日: : 経済【裏】解説

こんにちは^^。

kです。

日銀の黒田さん、

予想通りというか、

予想外というか、

甘利さんショックを払拭するべくやってくれましたね。

しかも、実弾は確保したまま。

ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)の買入額も据え置。

おそらく4月ぐらいまで温存でしょう。

7月の選挙対策もありますから、

リップサービスでもよかったのですが、

マイナス金利導入してきました。

 

マイナス金利は、日銀当座預金にマイナス0.1%の金利をつける。

としていますが、

日銀当座預金を3つの階層に分け、

それぞれに異なった金利をつけるモノです。

量的・質的金融緩和のもとで各金融機関が積み上げた分については、

「基礎残高」としてこれまで通りプラス0.1%の金利を適用。

ココが黒田さんの上手いところです^^。

また、所要準備額に相当する残高などは「マクロ加算残高」として適用金利をゼロ%とする。

さらに、各金融機関の当座預金残高のうち上記を上回る部分を「政策金利残高」とし、

マイナス0.1%の金利を適用。

今後、量・質・金利の「3つの次元」の緩和手段を駆使して

金融緩和を進めるとしています。

欧州のドラキ総裁に続き黒田さん、

と連続してのアプローチで年明けからの混乱は、

落ち着くことでしょう。

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒

https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

円急進!105円台に!

ロンドン外国為替市場で円相場は急伸し、1ドル=105円55~65銭で取引されました。黒田さんが、前月

記事を読む

いよいよ副業が認められる。

kです! いよいよ副業が認められる会社が出てきました。 以下の朝日新聞のニュース

記事を読む

ベネッセ原田社長退任!

ベネッセホールディングスは11日、原田泳幸会長兼社長が6月25日付で退任すると発表しました。原田氏は

記事を読む

no image

消費税先送り?

安倍晋三首相は2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて、先送りも含む検討に入った。

記事を読む

JPX日経インデックス400の先物取引が始まりました。

こんにちは^ ^kです。JPX日経インデックス400の先物取引が始まりました。 投資家にとっては先物

記事を読む

三菱自動車、日産の傘下に

燃費データ不正問題を起こした三菱自動車に対し、日産自動車が約3割出資する方向で調整に入ったことが明ら

記事を読む

中国からお金の大脱走(エスケープ)?

kです!中国人民銀行(中央銀行)は2月7日、1月末の外貨準備高が、前月より994億ドル(約12兆円)

記事を読む

no image

「長短「金利操作付き量的・質的緩和」とは?

日銀の黒田総裁は、「日本銀行は、新たな政策枠組みのもとで、2%の物価安定目標の実現に向けて、従来より

記事を読む

賃上げの代わりに時短^ ^

kです!味の素は8日までに、所定労働時間を、1日当たり20分短縮することを労働組合側に回答、妥結しま

記事を読む

サウジアラビアとイランと原油相場

あけましておめでとうございます。 新年早々、世界が揺れています。...サウジアラビアとイラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み

信用保証協会はなぜ連帯保証人を取るの?

信用保証協会は、借主=債務者が、銀行から融資を受けるにあたり「保証人」

個人のカードローンの延滞は、信用保証協会の審査に影響するか?

基本、信用保証協会は個人信用情報の調査は行いませんから、カードローンの

住宅ローンの返済遅延は信用保証協会審査に影響する?

住宅ローンの返済と信用保証協会の審査。一見関係ないように思えますが、そ

信用保証協会保証付融資では個人信用情報も審査対象ですか?

個人信用情報というのは個人の消費性の借入に関する情報が取扱の対象です。

→もっと見る





PAGE TOP ↑