*

原油相場の未来

公開日: : 最終更新日:2016/01/12 投資脳養成ゼミ, 経済【裏】解説

こんにちは^^。

kです。

原油市場では、原油安が止まらない状況が続いています。

原因は、

1.中国経済の減退

2.産油国の足並みの乱れ

3.アメリカのシェールガス増産

4.アメリカの原油輸出開始

等々

たくさんありますが、

この原油相場、いずれ反転します。

本格お反転は、おそらく、3.4年後だと思いますが。

これから、今の原油安の状況が続くと、

油田の新規投資が減るからです。

油田の開発には、莫大な資金と時間(数年)がかかります。

この原油安だと

採算が合わないため、油田の新規投資がストップします。

そうすると、

新規投資が止まった影響は、数年後に

原油不足と言う形で表れます。

油田の調査、ボーリング、開発、採掘まで数年単位の時間が必要だからです。

新規投資が行われないので、供給不足になります。

需要と供給バランスが、今とは逆になるからです。

それと、

原油輸出開始したアメリカ。

原油価格の覇権を握るであろうアメリカの戦略により、

原油価格は、数年後には、急激に上昇することになるのでは?

kはそう思っています。

安値を少しづつ拾っていくと、

数年後、かなりのパフォーマンスが期待できるのでは?

自己責任ですが^^

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

ベネッセ原田社長退任!

ベネッセホールディングスは11日、原田泳幸会長兼社長が6月25日付で退任すると発表しました。原田氏は

記事を読む

イランと欧州諸国が核で合意。

イランと欧州連合(EU)は16日、ウィーンで共同声明を発表し、イラン核開発疑惑を受けた米欧による対イ

記事を読む

no image

熊本地震、復興へ政府が旅行券(^ ^)

政府は、5月31日、熊本地震対策として導入する「九州観光支援旅行券」の詳細を発表しました。180億円

記事を読む

下がるモノあれば上がるモノあり。

kです!東京市場は、今日も凄い下げです。でも、そんな中、東京商品取引所で金が大幅に反発しています。2

記事を読む

no image

トランプ米大統領:半年ごとの決算業績報告へ指示❗️

トランプ米大統領は企業の柔軟性を高め成長と雇用の促進を図る目的で、米企業が四半期ごとに業績報告する現

記事を読む

仮面銀行マンk

給料明細だけで自分の価値を判断している貴方へ

前回まで、収入の袋の話をしました。今回は、サラリーマンとしての自分が、他の世界から、もうちょっと言う

記事を読む

仮面銀行マンk

お金の歴史(れきし)①

 大昔、人が言葉を話すようになり、 多くの人がくらす集落(しゅうらく)や社会(しゃかい)が

記事を読む

残業代から見たブラック企業の見分け方

こんにちは^ ^kです。今回は、残業代から見た、ブラック企業の見分け方を紹介していきます^_^就職先

記事を読む

早朝からアラームが❗️

北朝鮮が通告なしに、 弾道ミサイルを発射しました。 襟裳岬の東1800kmの太平洋に落下。...高度

記事を読む

仮面銀行マンk

新入社員さん、入社オメデトウ!

こんにちは^^。kです。前回定年後のグランドデザインのお話をしました、今回は、その真逆で、新入社員向

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
消費税の増税が決定です!

安倍首相は、消費税率を来年10月1日に現行の8%から10%へ予定通り引

no image
商工中金の危機対応融資、所管省庁の承認手続きに問題!

会計検査院は、政府系金融機関、商工組合中央金庫(商工中金)への検査結果

no image
NY株5日続伸、終値の最高値

3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日続伸し、前日

no image
スルガ銀、週内にも処分へ!

金融庁が、シェアハウス向け融資で不正が横行していたスルガ銀行に対し、週

no image
不動産投資への過剰融資抑制 金融庁調査へ!

金融庁は地方銀行などを対象に投資用不動産向け融資の実態調査に乗り出す。

→もっと見る





PAGE TOP ↑