*

原油相場の未来

公開日: : 最終更新日:2016/01/12 投資脳養成ゼミ, 経済【裏】解説

こんにちは^^。

kです。

原油市場では、原油安が止まらない状況が続いています。

原因は、

1.中国経済の減退

2.産油国の足並みの乱れ

3.アメリカのシェールガス増産

4.アメリカの原油輸出開始

等々

たくさんありますが、

この原油相場、いずれ反転します。

本格お反転は、おそらく、3.4年後だと思いますが。

これから、今の原油安の状況が続くと、

油田の新規投資が減るからです。

油田の開発には、莫大な資金と時間(数年)がかかります。

この原油安だと

採算が合わないため、油田の新規投資がストップします。

そうすると、

新規投資が止まった影響は、数年後に

原油不足と言う形で表れます。

油田の調査、ボーリング、開発、採掘まで数年単位の時間が必要だからです。

新規投資が行われないので、供給不足になります。

需要と供給バランスが、今とは逆になるからです。

それと、

原油輸出開始したアメリカ。

原油価格の覇権を握るであろうアメリカの戦略により、

原油価格は、数年後には、急激に上昇することになるのでは?

kはそう思っています。

安値を少しづつ拾っていくと、

数年後、かなりのパフォーマンスが期待できるのでは?

自己責任ですが^^

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

来春!民泊、許可制で全国解禁

個人が所有するマンションや戸建て住宅の空き部屋に旅行者を有料で泊める「民泊」を来年4月にも全国で解禁

記事を読む

サウジアラビアとイランと原油相場

あけましておめでとうございます。 新年早々、世界が揺れています。...サウジアラビアとイラ

記事を読む

仮面銀行マンk

kの収入の袋は?

こんにちは^^今回は、kの懐の中味についてのお話です。笑い kの収入の袋  1つ目は、仮面銀行マンK

記事を読む

仮面銀行マンk

社蓄卒業日記①会社の仕事はちゃんとやる!

こんにちは^^。kです。前回まで、収入の袋の話や、あなたの会社が貴方に見えない部分でどれぐらい投資し

記事を読む

FBIがヒラリー・クリントン氏に事情聴取。

米大統領選で民主党の指名獲得がほぼ確実となっているヒラリー・クリントン前国務長官が、在任中の公務に私

記事を読む

日銀の7月末資金供給量は、468.3兆円と過去最高を更新!

日銀が8月2日発表した市中の現金と金融機関の手元資金を示す日銀当座預金残高の合計であるマネタリーベー

記事を読む

円急進!105円台に!

ロンドン外国為替市場で円相場は急伸し、1ドル=105円55~65銭で取引されました。黒田さんが、前月

記事を読む

金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み損を抱えたり、実際に損失を出し

記事を読む

米FRB議長、続投も?トランプ大統領が検討

 トランプ米大統領は、 来年2月に任期を迎えるイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の続投について

記事を読む

早朝からアラームが❗️

北朝鮮が通告なしに、 弾道ミサイルを発射しました。 襟裳岬の東1800kmの太平洋に落下。...高度

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
EU離脱合意を英下院が230票の大差で否決!

3月29日が期限の欧州連合(EU)離脱を巡る協定と政治宣言の採決が1月

no image
原油価格がなぜ?

WTI原油価格が、一時1バレル55ドルを割り込みました。アレだけ、OP

no image
トランプさんの敗北?

トランプ米大統領は6日夜、「今夜はとてつもない成功だ。みんなありがとう

no image
アメリカの中間選挙!

トランプ米政権への審判となる中間選挙を本日に控え、激戦州を飛び回るトラ

no image
NY株続落、245ドル安!

週明け29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続落し

→もっと見る





PAGE TOP ↑