*

お金の歴史(れきし)⑤「お金の誕生前に利子はあった」

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 インベスターJr

 

お金
kです!
今回は、
「お金の誕生前にすでに利子はあった」 というお話。
 
キリスト教は長い間利子をとることを禁じてきました。
 
そのために異教徒であるユダヤ人に金貸しが多かったワケです。
 
イスラム教は今でも利子をとることを禁止しています。
 
日本でも「金貸し」や「サラ金」のイメージで、
 
悪い印象を持つ人が多いけれど、実は「利子」ははたいへんに古い歴史を持っているのです。
 
 
実は、貨幣が出来る前から「利子」は存在していた。
 
人間の経済活動の根本なんですね。
 
 
詳しくは、
 
紀元前3500年ごろのメソポタミア文明にまでさかのぼります。
 
現在のイラクですね。
 
 
チグリス川とユーフラテス川の間にある肥沃地帯に、
 
シュメール人の国が生まれました。
 
 
彼らは大規模な灌漑(かんがい)農業を始めると、
 
やがて生産物に余りが生まれるようになりました。
 
すると、農業で働かなくてもいい人間が登場して、
 
神官やあるいは王様や統治者となります。
 
権力者の誕生ですね。
 
 
彼らのような人間は、
 
共同体の大半を占める食料生産の従事者と違って、
 
生産労働には従事しません。
 
その代わりに生産物を民に分配します。
 
管理職みたいなものです。
 
 
 
民から集めた余剰生産物の管理は最重要問題でした。
 
その年、自分の国では、どのぐらいの収穫があったか。
 
あるいは、誰が、どのぐらい税を納めたかを把握しないといけない。
 
今でいう経営が必要となったのです。


どうやったかというと、
 
彼らは最初、倉庫に貯蔵された小麦の量に応じて、小さな「泥だんご」を置いたんです。
 
一定の量に対して、一つの泥だんごを置く。
 
「トークン」と呼ばれるもので、見た目は「おはじき」に似ています。
 
 
 
これを在庫の出し入れに応じて棚から棚へと移動するわけです。
 
トークンが一定量集まると、
 
それを管理するための「エンベロープ」という封筒に入れて管理する。
 
大きな丸型で、いまでいう貯金箱に近い形状をしていました。
 
 
そのうち、このエンベロープは「粘土製の板」に置き換わります。
 
板の表面に、楔形の文字で収穫物の情報を記録する。
 
文字の誕生です。
 
この形が非常に面白いんですが、
 
記録板の形が現在のタブレット型端末と似ているんです^^。
 
 
こうしたタブレットはすでに50万枚以上も出土していて、
 
シュメール人の在庫管理はかなり高度で複雑だったということがわかっています。
 
年に1度は棚卸しをし、決算まで行っていたといいます。
 
 
こうしたなかには、返済条件の書かれた借用書もありました。
 
メソポタミアのハムラビ法典には、
 
穀物の貸し借りには「33.3%」が、
 
銀の貸し借りには「20%」の利子が、
 
約1年でつくことが明記されています。
 
 
このころはまだ貨幣がないので、
 
穀物や銀など現物に対する重量をベースに利子が支払われた。
 
これは、「上限金利」だと考えられています。
 
 
上限があるということは、のちの時代のように、
 
高利貸しが社会問題化していた可能性があります。
 
 
「お金の誕生前にすでに利子はあった」ワケです。
 
 
これは、20世紀のある時期まで、
 
貨幣のなかった地域でも普通にあることでした。
 
 
例えば、アフリカなんかはそうですよね。
 
ある人が豚をつがい(夫婦)で借りた場合、そのつがいに子どもができたら、
 
それを利子として返します。
 
 
 
貨幣が流通することのない地域でも、利子は存在しているんです。
 
お金を貸すことによって、
 
自分が儲ける機会を譲る代わりに、
 
他者が儲ける機会を与えるワケです。
 
その対価として、利子による所得を得る。
 
 
これは、古くから続いてきた人間の基本的な経済的営みなんです。
「お金の誕生前にすでに利子はあった」ワケです。
 
 

仮面銀行マンk

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

 

関連記事

仮面銀行マンk

嫁は貴方の味方にはならない!

こんにちは^^kです。副業をやろう!収入の袋を作ろう! と決めて、 いろんなセミナーに行ったり、勉強

記事を読む

仮面銀行マンk

お金の歴史(れきし)①

 大昔、人が言葉を話すようになり、 多くの人がくらす集落(しゅうらく)や社会(しゃかい)が

記事を読む

「インベスターズJunior教室」キックオフセミナー開催。

 kです!かねてからご要望のあった、小中学生対象の金融&投資教室をやります。学校では教えて

記事を読む

投資信託の毎月分配型は、実は損なんです…

こんにちは^^。kです。今回は、投資信託のお話です。投資信託は興味ありますか? 投資信託に

記事を読む

全ては、自分の軸を持つことから…

こんにちは^^。kです。1.「騙されない資産家」になるための第一歩は、       個人的な感情と 

記事を読む

「努力と結果は必ずイコールではないかもしれない。でも、正しい方法でやらなかったら絶対に無理だ。」

  こんにちは^^。 kです。 投資の世界では、 世界中が荒れています。 中国バブル

記事を読む

お金の歴史(れきし)③

 貨幣が出来るまでの道のりの続きです。3.お金には3つの秘密がある。ただの紙切れであるお札

記事を読む

「インベスターズJunior教室」2016年春開講します。

 小中学生対象の金融&投資教室を開講します。 「インベスターズJunior教室」 2016

記事を読む

お金の歴史(れきし)④お金の洗脳?

  kです!お金の起源のお話しから、今回は、日本人のお金に対する意識がどこから来たのか?と

記事を読む

お金の歴史(れきし)②

 貨幣が出来るまでの道のりはこんな感じでした。1.物品貨幣必ず、欲しいモノと交換できるワケ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み

信用保証協会はなぜ連帯保証人を取るの?

信用保証協会は、借主=債務者が、銀行から融資を受けるにあたり「保証人」

個人のカードローンの延滞は、信用保証協会の審査に影響するか?

基本、信用保証協会は個人信用情報の調査は行いませんから、カードローンの

住宅ローンの返済遅延は信用保証協会審査に影響する?

住宅ローンの返済と信用保証協会の審査。一見関係ないように思えますが、そ

信用保証協会保証付融資では個人信用情報も審査対象ですか?

個人信用情報というのは個人の消費性の借入に関する情報が取扱の対象です。

→もっと見る





PAGE TOP ↑