*

トルコ中銀、政策金利24.00%に引き上げ!

公開日: : 最終更新日:2018/09/15 経済【裏】解説

 

[イスタンブール ロイター] 
トルコ中央銀行は13日、政策金利である1週間物レポレート<TRINT=ECI>を17.75%から24.00%に6.25%ポイント引き上げた。

中銀は声明で「必要なら一段の金融引き締めを行う」と表明。通貨リラが上昇しました。

4月下旬以降の利上げ幅は、今回を含め
11.25%ポイント。

投機的な仕掛けは一旦治るでしょうが。
FRBが利上げを継続する過程で、
トルコのような、経常赤字国は
再び売られやすいし、アメリカとの関係がギクシャクしている間は、不安定な動きが続くと思います。

マーケットや政治や金融全般、
株式投資、不動産投資、創業融資、
などの情報をお伝えする、
「黒田哲也の金の理(コトワリ)通信」
配信中です。

ご興味ある方は、
コチラから登録をどうぞ⇒

http://tenchikaimei.com/tool/Ov3WLO

関連記事

no image

コロナ後のEU内の格差は開く!

https://youtu.be/Kyga7JdF5LU コロナ後のEU内の

記事を読む

米FRB議長、続投も?トランプ大統領が検討

 トランプ米大統領は、 来年2月に任期を迎えるイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の続投について

記事を読む

China帝国とは?⑨

前回もお話ししたように、やがて、中国は、 是々非々の戦略の最終形態として、 アメリカと

記事を読む

no image

産油国談合会合?

産油国会合 “引き続き増産努める”とニュースが報道されています。イラン産の原油に対するアメリカの経済

記事を読む

アメリカ利上げと原油相場

こんにちは^ ^kです。新年早々、いろんな意味で世界が揺れています。というお話しは、しましたね。サウ

記事を読む

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った「国難解散」だったワケですが、

記事を読む

no image

飛んでイスタンブール!

通貨リラの下落が深刻化したトルコの最大都市イスタンブールで、欧州系の高級ブランド店に外国人客らが押し

記事を読む

日銀の7月末資金供給量は、468.3兆円と過去最高を更新!

日銀が8月2日発表した市中の現金と金融機関の手元資金を示す日銀当座預金残高の合計であるマネタリーベー

記事を読む

China帝国とは?⑤

中国は、 大きく分けて、 3つの大きな間違いをしたと思います。 まず、1

記事を読む

no image

米VSサウジ?対立するはずが無い。

サウジアラビアの反体制ジャーナリストが行方不明になった事件が米国とサウジの外交摩擦に発展し、原油市場

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
‪住宅ローン、コロナで生活困窮➡減免特例へ‬

‪金融庁と全国銀行協会などは、コロナで収入が激減し生活難に陥

no image
香港行政会議の招集者 陳智思氏の‬ ‪米資本銀行口座が閉鎖‬ ‪HSBCも?‬

‪ ‪フィナンシャルタイムズは香港に支店を持つ米資本や欧州の銀

no image
【裏解説】FRB議長、追加策検討‬

FRBは29日のFOMCで、ゼロ金利と量的緩和政策を維持しま

no image
②会員制ビジネスとは?

~黒田哲也の会員制ビジネス七転八倒記~ 私の具体的なお

no image
①いかに会員制ビジネスを構築&運営してきたのか?

~黒田哲也の会員制ビジネス七転八倒記~ 最近は、オンラインサロ

→もっと見る





PAGE TOP ↑