*

いよいよ副業が認められる。

公開日: : 経済【裏】解説

kです!

 

いよいよ副業が認められる会社が出てきました。

 

以下の朝日新聞のニュース。

目薬大手のロート製薬は4月から、国内の正社員約1500人を対象に、

ほかの会社やNPOなどで働く兼業(副職)を認める。

会社の枠を超えて培った技能や人脈を持ち帰ってもらい、

ロート自身のダイバーシティー(多様性)を深めるねらいがあるという。

24日発表した。「社外チャレンジワーク」と名付けた制度で、

就業先を届け出れば、平日の終業後や土日祝日に他社で働き、収入を得ることを認める。

 社員有志の発案で導入を決めた。

東京都内の記者会見で山田邦雄会長兼最高経営責任者は

「社内ではない刺激や気づきがあれば、座学より社会経験が積める」と話した。

 国内では、創業まもないITベンチャーなどをのぞき、就業規則で兼業を認めない企業が多い。

社員に忠誠を求める傾向が強く、本業がおろそかになり、過労で健康を損なう恐れがあるなどの理由からだ。

ITバブル崩壊やリーマン・ショックの後に、工場の稼働率が落ちた電機や自動車大手などで

一時的に副業を認める企業はあったが、大手上場企業では、

リクルートホールディングスなどごく一部にとどまっている。

以上。

 

アベノミクスで、創業率を10%台に上げるとの目標があります。

副業を認めることが、日本再興プランにも掲げられています。

いよいよ、第一歩ですね。

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

関連記事

日銀当座預金残高100兆円超える!

 とうとう、日銀当座預金残高が100兆円超えです。 日銀は2013年4月、金融機関が保有す

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?②

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

賃上げの代わりに時短^ ^

kです!味の素は8日までに、所定労働時間を、1日当たり20分短縮することを労働組合側に回答、妥結しま

記事を読む

円急進!105円台に!

ロンドン外国為替市場で円相場は急伸し、1ドル=105円55~65銭で取引されました。黒田さんが、前月

記事を読む

残業代から見たブラック企業の見分け方

こんにちは^ ^kです。今回は、残業代から見た、ブラック企業の見分け方を紹介していきます^_^就職先

記事を読む

アメリカ利上げと原油相場

こんにちは^ ^kです。新年早々、いろんな意味で世界が揺れています。というお話しは、しましたね。サウ

記事を読む

原油相場の未来

こんにちは^^。kです。原油市場では、原油安が止まらない状況が続いています。原因は、1.中国経済の減

記事を読む

no image

残業時間の上限規制導入

厚生労働省は残業時間の上限規制導入について議論する有識者会議の初会合を開きました。 現在の労働基準法

記事を読む

no image

とりあえずの日銀の金融緩和

黒田バズーカとまではいきませんでしたが、何とか恰好をつけた日銀の金融緩和でした^^ ETFの買入は5

記事を読む

タックスヘイブンの実態③アップルも^^

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態③アップルも^^。今年になってアップル社も、アメ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
副業解禁企業が続々 規則の整備が必要だ

まだまだ、多くの企業で就業規則等において社員の副業が禁止されています。

no image
富裕層の上位1%が富の82%独占!

世界人口の1%にあたる富裕層が1年間に生み出された富の82%を独占した

no image
「強い者が生き残るのではない。」

あけましておめでとうございます。日経平均は、2017年上昇率は、19.

no image
次のFRB議長に、パウエル氏!

次期FRB議長に、パウエル氏!パウエルFRB理事を次期FRB議長指名の

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った

→もっと見る





PAGE TOP ↑