*

サウジアラビアとイランと原油相場

公開日: : 経済【裏】解説

あけましておめでとうございます。

 

新年早々、世界が揺れています。

サウジアラビアとイランですねえ。

もし、このまま、

サウジとイランが戦争状態となった場合、

イラン政府がサウジを叩く手段は、

ホルムズ海峡経由の原油輸出の遮断となる可能性があります。

 

ホルムズ海峡はイランとアラビア半島に挟まれ、

同海峡を通過するタンカーが輸送する原油は

日量約1700万バレル。

ホルムズ海峡が紛争で通航不能となれば、

過去最高水準にある世界の原油在庫は減少し始めます。

イランの影響力拡大に異を唱えている中東湾岸のサウジ同盟国にも影響が大。

 

そうなった場合サウジもイラン打撃を受けるでしょうが、

痛みはサウジのほうが大きいでしょう。

イランはもともと経済制裁を受けていて、

ホルムズ海峡経由での石油輸出は微々たるモノです。

 

問題の原油市場への影響はどうでしょう?

対立が今のようなものにとどまれば原油安が続くでしょうが、

関係悪化がさらにエスカレートすれば、

一時的には上がる可能性があります。

でも、最終的には、アメリカがサウジを恫喝するでしょう。

王家を崩壊させるオプションを持っているので。

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

no image

西日本豪雨の被災地支援策の第1弾

政府は、‎なとなる「生活・生業再建支援パッケージ」をまとめた。2018年度予算の予備費から約1058

記事を読む

no image

「決意みくびるな」… 中国、香港国家安全法で強行突破へ!‬

‪中国も引くに引けない状況。‬ ‪香港の金融センターとしての‬‪いよいよ役割が終わり

記事を読む

no image

トルコへの関税引き上げ!

トランプ米大統領は10日、トルコからの輸入関税について、アルミニウムを20%、鉄鋼を50%に引き上げ

記事を読む

China帝国とは?③

1972年からのアメリカの対中政策は、 中国をあらゆる方面で、 援助し、ソ連に対抗させようとしまし

記事を読む

no image

EU離脱合意を英下院が230票の大差で否決!

3月29日が期限の欧州連合(EU)離脱を巡る協定と政治宣言の採決が1月15日、英下院で行われ、賛成2

記事を読む

no image

さよなら、香港!そして中国は?

‪トランプ大統領は、‬‪中国が香港に対する国家安全法制の導入を決めたことを受け、‬‪「一国

記事を読む

金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み損を抱えたり、実際に損失を出し

記事を読む

下がるモノあれば上がるモノあり。

kです!東京市場は、今日も凄い下げです。でも、そんな中、東京商品取引所で金が大幅に反発しています。2

記事を読む

no image

トランプ米大統領:半年ごとの決算業績報告へ指示❗️

トランプ米大統領は企業の柔軟性を高め成長と雇用の促進を図る目的で、米企業が四半期ごとに業績報告する現

記事を読む

三菱自動車、日産の傘下に

燃費データ不正問題を起こした三菱自動車に対し、日産自動車が約3割出資する方向で調整に入ったことが明ら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
米政府、香港総領事館の職員宿舎を売りに!‬

‪ ‪アメリカ本気ですね。。。‬‪売れるうちに売っておこう

no image
いよいよ米中戦争のゴングが鳴った!

https://youtu.be/Ha37QVK6L4U

no image
さよなら、香港!そして中国は?

‪トランプ大統領は、‬‪中国が香港に対する国家安全法制の導入

no image
「決意みくびるな」… 中国、香港国家安全法で強行突破へ!‬

‪中国も引くに引けない状況。‬ ‪香港の金融センターと

no image
‪ ‪【裏解説】 中国、香港に「国家安全法」導入⁉️

「香港の終わり」?‬ ‪中国は21日、扇動や破壊行為を禁止する

→もっと見る





PAGE TOP ↑