*

サウジアラビアとイランと原油相場

公開日: : 経済【裏】解説

あけましておめでとうございます。

 

新年早々、世界が揺れています。

サウジアラビアとイランですねえ。

もし、このまま、

サウジとイランが戦争状態となった場合、

イラン政府がサウジを叩く手段は、

ホルムズ海峡経由の原油輸出の遮断となる可能性があります。

 

ホルムズ海峡はイランとアラビア半島に挟まれ、

同海峡を通過するタンカーが輸送する原油は

日量約1700万バレル。

ホルムズ海峡が紛争で通航不能となれば、

過去最高水準にある世界の原油在庫は減少し始めます。

イランの影響力拡大に異を唱えている中東湾岸のサウジ同盟国にも影響が大。

 

そうなった場合サウジもイラン打撃を受けるでしょうが、

痛みはサウジのほうが大きいでしょう。

イランはもともと経済制裁を受けていて、

ホルムズ海峡経由での石油輸出は微々たるモノです。

 

問題の原油市場への影響はどうでしょう?

対立が今のようなものにとどまれば原油安が続くでしょうが、

関係悪化がさらにエスカレートすれば、

一時的には上がる可能性があります。

でも、最終的には、アメリカがサウジを恫喝するでしょう。

王家を崩壊させるオプションを持っているので。

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

米中対立で漁夫の利を得るのは何処?

こんにちは^_^ 今回は、 米中対立で漁夫の利を得るのは何処? というお話しです

記事を読む

no image

残業時間の上限規制導入

厚生労働省は残業時間の上限規制導入について議論する有識者会議の初会合を開きました。 現在の労働基準法

記事を読む

no image

コロナ後のEU内の格差は開く!

https://youtu.be/Kyga7JdF5LU コロナ後のEU内の

記事を読む

三菱自動車、日産の傘下に

燃費データ不正問題を起こした三菱自動車に対し、日産自動車が約3割出資する方向で調整に入ったことが明ら

記事を読む

JPX日経インデックス400の先物取引が始まりました。

こんにちは^ ^kです。JPX日経インデックス400の先物取引が始まりました。 投資家にとっては先物

記事を読む

no image

日銀の政策変更久しぶり。

日銀は、政策決定会合で、株式相場への影響に配慮し、上場投資信託(ETF)の購入配分を見直すことに。マ

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?①

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

no image

米大統領、対中交渉期限を延長!

トランプ米大統領は、3月1日までとしていた対中貿易協議の交渉期限を延長する方針を表明しましたね。ハー

記事を読む

トランプ政権、対中関税第4弾を発表!

合意がされるものと期待していた、 マーケットは、梯子を外された格好。 暫しの、混乱は、

記事を読む

副業解禁、主要企業の5割!

厚生労働省は2018年1月、 「副業・兼業の促進に関するガイドライン」 を作成して以来

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

no image
【裏解説】 ‪イスラエルとUAE、国交正常化に合意 ‬

‪対イランについては、両方とも敵。‬敵の敵のは、味方というこ

no image
中国、世界の工場としての日々は終わった -鴻海精密の劉会長‬

【裏解説】 ‪米アップルの主要サプライヤー‬‪の鴻海精密の動き

no image
機密情報共有、英が秋波 ‬ ‪「ファイブ・アイズ」協力探る‬

【裏解説】‪ ‪コレ、革命的な出来事になります。‬‪ファイブ・

no image
‪米、香港行政長官ら11人に制裁‬

‪米財務省は香港の自治侵害などを理由に、香港の林鄭月娥行政長

→もっと見る





PAGE TOP ↑