*

タックスヘイブンの実態①

公開日: : 最終更新日:2016/01/12 intelligence対外情報部

今回の仮面銀行マンkのお話は、

タックスヘイブンに

どれくらいの資産が隠されているのでしょう?

という全体像のお話しです。

 
イギリスの代表的な市民運動団体が試算したものによると、
タックスヘイブン全体で最低21兆ドル
最高32兆ドルのが隠されているということです
これをイギリスの新聞「ガーディアン」が報道しました。
しかし、これは個人資産だけの数字ですから、
企業資産も含めれば実際にはもっと多くなります。
 
タックスヘイブンへの資産隠しに大きな役割を果たしているのが海外のメガバンクです。
同じく、タックスヘイブンに資産を隠すに当たって、
メガバンクがどれだけ中心的な役割を果たしているかを調べたものがあります。
これによると、メガバンクで12兆ドルをタックスヘイブンに隠している。
たとえばその中でも最も残高の大きいUBSは、スイスのプライベートバンクです。
その他クレディスイス、イギリス大手のHSBC、
ドイツ銀行などそうそうたるメガバンクがタックスヘイブンに資産を貯めています。

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、
 
「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^
 
末永いお付き合いになりますが……。
 
登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

関連記事

China帝国とは?⑧

ところが、4.5年前ぐらいから、 中国は、今までの戦略が間違いだったと 気づいたようで

記事を読む

タックスヘイブンの実態③アップルも^^

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態③アップルも^^。今年になってアップル社も、アメ

記事を読む

China帝国とは?⑨

前回もお話ししたように、やがて、中国は、 是々非々の戦略の最終形態として、 アメリカと

記事を読む

China帝国とは?⑥

中国の第二の間違い? 資本主義社会が、リーマンショックの 傷跡で、惨憺たる状況の中、

記事を読む

no image

金正恩の正念場?

トランプは「北朝鮮と中国は一体だ」と見抜いて、中国を締め上げれば、北朝鮮を厳しい立場に追い込める戦略

記事を読む

タックスヘイブンの実態②

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態②たぶん、あなたはスタバよりたくさん納税した!?

記事を読む

no image

英議会、EU離脱協定案、新たな合意もまた否決‬

英議会は、EU離脱協定案に関して、新たな合意もまた否決しめした。 もともと、内容の無い、合

記事を読む

China帝国とは?⑩

トランプ大統領が目標とする、 その標的は、 中国のサプライチェーンを破壊する こ

記事を読む

トランプ政権、対中関税第4弾を発表!

合意がされるものと期待していた、 マーケットは、梯子を外された格好。 暫しの、混乱は、

記事を読む

韓国は「盗撮大国」!

盗撮といえば、 K-POP歌手のチョン・ジュニョンが女性たちとの性行為を隠しカメラで撮影し、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
米政府、香港総領事館の職員宿舎を売りに!‬

‪ ‪アメリカ本気ですね。。。‬‪売れるうちに売っておこう

no image
いよいよ米中戦争のゴングが鳴った!

https://youtu.be/Ha37QVK6L4U

no image
さよなら、香港!そして中国は?

‪トランプ大統領は、‬‪中国が香港に対する国家安全法制の導入

no image
「決意みくびるな」… 中国、香港国家安全法で強行突破へ!‬

‪中国も引くに引けない状況。‬ ‪香港の金融センターと

no image
‪ ‪【裏解説】 中国、香港に「国家安全法」導入⁉️

「香港の終わり」?‬ ‪中国は21日、扇動や破壊行為を禁止する

→もっと見る





PAGE TOP ↑