*

①いかに会員制ビジネスを構築&運営してきたのか?

~黒田哲也の会員制ビジネス七転八倒記~

最近は、オンラインサロンが花盛りですが、

図らずも、全く偶然に始めた会員制倶楽部を

運営して、早くも7年以上になります。

偶然から始まった会員制ビジネスですが、

こんなにも続くことになろうとは、

当初は予想もしていませんでした。


先生やコンサルがいたワケでもなく、

外注もほとんど使わず、全部ひとりで、

ここまで運営してきました。


ゆくゆくは、

会員制サイトや会員制ビジネスを

構築してみたいと

思ってみえる方々に、

今までの経験から、わたしなりの

ノウハウなどを肩ひじを張らずに、

恥も披露しながら 笑、

お話していこうと思っています。

仮面銀行マンk

黒田哲也

関連記事

タックスヘイブンの実態③アップルも^^

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態③アップルも^^。今年になってアップル社も、アメ

記事を読む

no image

とりあえずの日銀の金融緩和

黒田バズーカとまではいきませんでしたが、何とか恰好をつけた日銀の金融緩和でした^^ ETFの買入は5

記事を読む

no image

さよなら、香港!そして中国は?

‪トランプ大統領は、‬‪中国が香港に対する国家安全法制の導入を決めたことを受け、‬‪「一国

記事を読む

China帝国とは?⑦

中国の、第三の間違いは、 古代からですが、 統一された政治体制を持ち、 その指導

記事を読む

China帝国とは?③

1972年からのアメリカの対中政策は、 中国をあらゆる方面で、 援助し、ソ連に対抗させようとしまし

記事を読む

no image

中国、香港に治安維持機関 国家安全法が全法律に優先 ほぼ予定通りの展開

https://youtu.be/Zlm2W19Da_c ほぼ予定通りの展開ですね。。。

記事を読む

FBIがヒラリー・クリントン氏に事情聴取。

米大統領選で民主党の指名獲得がほぼ確実となっているヒラリー・クリントン前国務長官が、在任中の公務に私

記事を読む

貿易摩擦で中国は利下げへ、 FRB続けば米国の勝利?=トランプ大統領

貿易摩擦が長くなるほど、 中国は、利下げをして資金供給を 増やさざる得ないです。 アメリカも

記事を読む

no image

「長短「金利操作付き量的・質的緩和」とは?

日銀の黒田総裁は、「日本銀行は、新たな政策枠組みのもとで、2%の物価安定目標の実現に向けて、従来より

記事を読む

no image

原油価格がなぜ?

WTI原油価格が、一時1バレル55ドルを割り込みました。アレだけ、OPECやサウジアラビアもアメリカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑