*

China帝国とは?⑨

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説

前回もお話ししたように、やがて、中国は、

是々非々の戦略の最終形態として、

アメリカとの関係改善に、

注力していきます。

象徴的なのが、

オバマ大統領と習近平との、

ホワイトハウスでの南シナ海の人工島に

対する、意見表明でした。

習近平は、ココに、軍事的な施設は作らないと

宣言します。

ところが、

結果的には、この約束を反故にして

軍事基地を作っていきます。

China帝国は、過去からいろんな戦略を

とってきたわけですが、

致命的な失敗は、このあたりからです。

そして、

中国にとって、予想外のことが起こります。

そう、

ドナルド・トランプです!

クリントン大統領なら、今までの戦略で、

上手く懐柔出来たかもしれませんが、

(Chinaマネーも、クリントンに流れている

はずですので)

トランプ大統領の当選は、

世界もそうでしたが、予想外でした。

クリントンであれば、オバマ外交の延長線の上

での、対応が可能だったんですが。

トランプは、中国と徹底的に、戦うことを決意

します。

その標的は、中国のサプライチェーン。

中国の富の蓄積は、

サプライチェーン=世界の工場になることにより

成されたものです。

そして、それをバックボーンに、

覇権を握ろうとしたからです。

その、根幹である、サプライチェーンを破壊

すれば、中国から、外国資本は、撤退し、

失業者も大量に出ると思われます。

これが、これから数年で起こることでしょう。

しかし、それに対抗すべく、

習近平は、景気刺激策を取り、

株式市場も、買支えをするでしょう。

それが、わたしにも、投資家にも、

China帝国、正確には、中国共産党支配が、

最終コーナーを回ったサインと

なるはずです。

仮面銀行マンk

黒田哲也




関連記事

仮面銀行マンk

kの収入の袋は?

こんにちは^^今回は、kの懐の中味についてのお話です。笑い kの収入の袋  1つ目は、仮面銀行マンK

記事を読む

no image

アメリカの中間選挙!

トランプ米政権への審判となる中間選挙を本日に控え、激戦州を飛び回るトランプ大統領は、先週から南部で与

記事を読む

no image

ブレント原油、一時1バレル80ドル台乗せ!

12日のロンドン市場で、北海ブレント原油先物が買われ、期近物が一時1バレル80.13ドルに上昇。80

記事を読む

no image

‪住宅ローン、コロナで生活困窮➡減免特例へ‬

‪金融庁と全国銀行協会などは、コロナで収入が激減し生活難に陥った個人や個人事業主に住宅ロー

記事を読む

米FRB議長、続投も?トランプ大統領が検討

 トランプ米大統領は、 来年2月に任期を迎えるイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の続投について

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?①

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

トランプ大統領FRBに利下げ圧力!

https://youtu.be/S1JW78h148w

記事を読む

no image

中国、世界の工場としての日々は終わった -鴻海精密の劉会長‬

【裏解説】 ‪米アップルの主要サプライヤー‬‪の鴻海精密の動きに各企業も追随していくでしょう

記事を読む

no image

トルコ中銀、政策金利24.00%に引き上げ!

 [イスタンブール ロイター] トルコ中央銀行は13日、政策金利である1週間物レポレート&

記事を読む

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った「国難解散」だったワケですが、

記事を読む

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑