*

China帝国とは?⑦

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説

中国の、第三の間違いは、

古代からですが、

統一された政治体制を持ち、

その指導者=王のひとつの間違った

意思決定がその後の運命を

決定づけてしまうということです。

現在でいえば、中国共産党の習近平体制下では、

毛沢東の独裁の時のように、

終身皇帝ともいえる立場で、

君臨して、

誰も反論できないのです。

毛沢東には、周恩来という

天才的なナンバー2がいたので、

なんとか舵取りが出来ましたが、

習近平は、裸の王様となりつつあります。

中国では、

恐ろしいことに、今や、たった一人の手に、

13億人もの運命がまかされているのです。

習近平の判断ミスは、致命傷となります。

米中貿易戦争では、それが、

段々と見えてきました。

仮面銀行マンk

黒田哲也

関連記事

タックスヘイブンの実態②

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態②たぶん、あなたはスタバよりたくさん納税した!?

記事を読む

来春!民泊、許可制で全国解禁

個人が所有するマンションや戸建て住宅の空き部屋に旅行者を有料で泊める「民泊」を来年4月にも全国で解禁

記事を読む

no image

ホンダも、英語撤退?

ホンダ、英自動車工場閉鎖へ22年、欧州生産撤退し日本回帰。いよいよ、ホンダも日産も撤退ですか?英国は

記事を読む

アメリカからも。

kです!アメリカからも、消費税延期の包囲網だけでなく、更なる景気対策の要請が.....。こんなニュー

記事を読む

仮面銀行マンk

kの収入の袋は?

こんにちは^^今回は、kの懐の中味についてのお話です。笑い kの収入の袋  1つ目は、仮面銀行マンK

記事を読む

グーグルマップとは?

世界で10億人余りの人々に、 生活になくてはならないものになっている 「グーグルマップ

記事を読む

no image

アメリカの中間選挙!

トランプ米政権への審判となる中間選挙を本日に控え、激戦州を飛び回るトランプ大統領は、先週から南部で与

記事を読む

英国議会、また否決!

離脱案が英国議会で三たび否決! 英国議会で、離脱案が議会で、 また否決されました。 これからの選択

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?①

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

no image

中国全人代の景気刺激策!

中国全人代の景気浮揚策‬‪(1) 2019年に2兆元(約33兆円)規模 の減税‬‪(2) 社会保険料

記事を読む

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

no image
【裏解説】 ‪イスラエルとUAE、国交正常化に合意 ‬

‪対イランについては、両方とも敵。‬敵の敵のは、味方というこ

→もっと見る





PAGE TOP ↑