*

China帝国とは?⑦

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説

中国の、第三の間違いは、

古代からですが、

統一された政治体制を持ち、

その指導者=王のひとつの間違った

意思決定がその後の運命を

決定づけてしまうということです。

現在でいえば、中国共産党の習近平体制下では、

毛沢東の独裁の時のように、

終身皇帝ともいえる立場で、

君臨して、

誰も反論できないのです。

毛沢東には、周恩来という

天才的なナンバー2がいたので、

なんとか舵取りが出来ましたが、

習近平は、裸の王様となりつつあります。

中国では、

恐ろしいことに、今や、たった一人の手に、

13億人もの運命がまかされているのです。

習近平の判断ミスは、致命傷となります。

米中貿易戦争では、それが、

段々と見えてきました。

仮面銀行マンk

黒田哲也

関連記事

アメリカからも。

kです!アメリカからも、消費税延期の包囲網だけでなく、更なる景気対策の要請が.....。こんなニュー

記事を読む

no image

トランプ米大統領:半年ごとの決算業績報告へ指示❗️

トランプ米大統領は企業の柔軟性を高め成長と雇用の促進を図る目的で、米企業が四半期ごとに業績報告する現

記事を読む

原油相場の未来

こんにちは^^。kです。原油市場では、原油安が止まらない状況が続いています。原因は、1.中国経済の減

記事を読む

no image

米政府、香港総領事館の職員宿舎を売りに!‬

‪ ‪アメリカ本気ですね。。。‬‪売れるうちに売っておこうと。。‬‪香港の不動産は、今後

記事を読む

対外税金問題の重要マメ知識2

今回の仮面銀行マンkのお話は、 前回お話した、属地主義と属人主義の続き.....。&nbs

記事を読む

いよいよ家事代行に外国人登用

こんにちは^ ^kです。家事代行について、新聞各紙が伝えています。  ダスキンやパソナグル

記事を読む

サウジアラビアとイランと原油相場

あけましておめでとうございます。 新年早々、世界が揺れています。...サウジアラビアとイラ

記事を読む

no image

日銀の国債保有シェアが低下?!

日銀の国債保有シェアが低下してます。日本銀行の国債保有シェアが、2013年の異次元緩和開始以降で初め

記事を読む

トランプ氏が共和党指名確定!

米大統領選の共和党候補指名争いで、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)は4日、同州で演説し、選

記事を読む

no image

②会員制ビジネスとは?

~黒田哲也の会員制ビジネス七転八倒記~ 私の具体的なお話の前提として、 会員制

記事を読む

no image
米大統領が富裕層キャピタルゲイン増税提案 ?!

バイデン大統領は富裕層に対するキャピタルゲイン税の税率を39.6%と

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

→もっと見る





PAGE TOP ↑