*

China帝国とは?⑦

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説

中国の、第三の間違いは、

古代からですが、

統一された政治体制を持ち、

その指導者=王のひとつの間違った

意思決定がその後の運命を

決定づけてしまうということです。

現在でいえば、中国共産党の習近平体制下では、

毛沢東の独裁の時のように、

終身皇帝ともいえる立場で、

君臨して、

誰も反論できないのです。

毛沢東には、周恩来という

天才的なナンバー2がいたので、

なんとか舵取りが出来ましたが、

習近平は、裸の王様となりつつあります。

中国では、

恐ろしいことに、今や、たった一人の手に、

13億人もの運命がまかされているのです。

習近平の判断ミスは、致命傷となります。

米中貿易戦争では、それが、

段々と見えてきました。

仮面銀行マンk

黒田哲也

関連記事

no image

‪ ‪【裏解説】 中国、香港に「国家安全法」導入⁉️

「香港の終わり」?‬ ‪中国は21日、扇動や破壊行為を禁止することを目的とした、新しい国家安

記事を読む

no image

トランプ米大統領:半年ごとの決算業績報告へ指示❗️

トランプ米大統領は企業の柔軟性を高め成長と雇用の促進を図る目的で、米企業が四半期ごとに業績報告する現

記事を読む

no image

西日本豪雨の被災地支援策の第1弾

政府は、‎なとなる「生活・生業再建支援パッケージ」をまとめた。2018年度予算の予備費から約1058

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?①

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

ソフトバンクグループの租税回避策とは?

https://youtu.be/rP8zUVazFxM

記事を読む

中国からお金の大脱走(エスケープ)?

kです!中国人民銀行(中央銀行)は2月7日、1月末の外貨準備高が、前月より994億ドル(約12兆円)

記事を読む

no image

米VSサウジ?対立するはずが無い。

サウジアラビアの反体制ジャーナリストが行方不明になった事件が米国とサウジの外交摩擦に発展し、原油市場

記事を読む

no image

「長短「金利操作付き量的・質的緩和」とは?

日銀の黒田総裁は、「日本銀行は、新たな政策枠組みのもとで、2%の物価安定目標の実現に向けて、従来より

記事を読む

no image

EU離脱合意を英下院が230票の大差で否決!

3月29日が期限の欧州連合(EU)離脱を巡る協定と政治宣言の採決が1月15日、英下院で行われ、賛成2

記事を読む

金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み損を抱えたり、実際に損失を出し

記事を読む

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

no image
【裏解説】 ‪イスラエルとUAE、国交正常化に合意 ‬

‪対イランについては、両方とも敵。‬敵の敵のは、味方というこ

no image
中国、世界の工場としての日々は終わった -鴻海精密の劉会長‬

【裏解説】 ‪米アップルの主要サプライヤー‬‪の鴻海精密の動き

no image
機密情報共有、英が秋波 ‬ ‪「ファイブ・アイズ」協力探る‬

【裏解説】‪ ‪コレ、革命的な出来事になります。‬‪ファイブ・

no image
‪米、香港行政長官ら11人に制裁‬

‪米財務省は香港の自治侵害などを理由に、香港の林鄭月娥行政長

→もっと見る





PAGE TOP ↑