*

仮想通貨事業者に分裂問題が浮上‼️

公開日: : 最終更新日:2017/09/15 経済【裏】解説

ビットコインを扱う世界の事業者で分裂騒動が起きており、

14の取引所が加盟する日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は顧客資産の保護へビットコインの取引を一時停止する検討を始めた。
日経新聞より

本当に分裂すれば一部の取引履歴が消失する可能性があります。
取引履歴こそが、仮想通貨の命です。
法整備がまだまだなのだということを
理解して、取引すべきでしょう。
寝かせておくことは、
今は、危険だと思います。

黒哲投資新聞LINE@では、

不定期に、マーケットや経済情勢等の裏ネタも配信しています。

登録は、コチラ

黒哲投資新聞LINE@↓

https://line.me/R/ti/p/%40kym8738q

 

関連記事

China帝国とは?⑦

中国の、第三の間違いは、 古代からですが、 統一された政治体制を持ち、 その指導

記事を読む

安倍首相、完全雇用は達成、2%物価目標は「一応」の目的?

安倍首相は、政府と日本銀行が掲げる 2%の物価安定目標には届いていないものの、 完全雇

記事を読む

仮面銀行マンk

嫁は貴方の味方にはならない!

こんにちは^^kです。副業をやろう!収入の袋を作ろう! と決めて、 いろんなセミナーに行ったり、勉強

記事を読む

no image

国の借金1100兆円=1人当たり885万円 -財務省の洗脳?

財務省の洗脳?財務省は、国債と借入金などを合計した「国の借金」が、2018年12月末現在で、1100

記事を読む

仮面銀行マンk

kの収入の袋は?

こんにちは^^今回は、kの懐の中味についてのお話です。笑い kの収入の袋  1つ目は、仮面銀行マンK

記事を読む

トランプ氏が共和党指名確定!

米大統領選の共和党候補指名争いで、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)は4日、同州で演説し、選

記事を読む

China帝国とは?③

1972年からのアメリカの対中政策は、 中国をあらゆる方面で、 援助し、ソ連に対抗させようとしまし

記事を読む

no image

いよいよ米中戦争のゴングが鳴った!

https://youtu.be/Ha37QVK6L4U

記事を読む

China帝国とは?①

China帝国とは?① 米中貿易摩擦で、 世界のマーケットが混乱しています。 中国は、今や

記事を読む

金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み損を抱えたり、実際に損失を出し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
米政府、香港総領事館の職員宿舎を売りに!‬

‪ ‪アメリカ本気ですね。。。‬‪売れるうちに売っておこう

no image
いよいよ米中戦争のゴングが鳴った!

https://youtu.be/Ha37QVK6L4U

no image
さよなら、香港!そして中国は?

‪トランプ大統領は、‬‪中国が香港に対する国家安全法制の導入

no image
「決意みくびるな」… 中国、香港国家安全法で強行突破へ!‬

‪中国も引くに引けない状況。‬ ‪香港の金融センターと

no image
‪ ‪【裏解説】 中国、香港に「国家安全法」導入⁉️

「香港の終わり」?‬ ‪中国は21日、扇動や破壊行為を禁止する

→もっと見る





PAGE TOP ↑