*

仮想通貨事業者に分裂問題が浮上‼️

公開日: : 最終更新日:2017/09/15 経済【裏】解説

ビットコインを扱う世界の事業者で分裂騒動が起きており、

14の取引所が加盟する日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は顧客資産の保護へビットコインの取引を一時停止する検討を始めた。
日経新聞より

本当に分裂すれば一部の取引履歴が消失する可能性があります。
取引履歴こそが、仮想通貨の命です。
法整備がまだまだなのだということを
理解して、取引すべきでしょう。
寝かせておくことは、
今は、危険だと思います。

黒哲投資新聞LINE@では、

不定期に、マーケットや経済情勢等の裏ネタも配信しています。

登録は、コチラ

黒哲投資新聞LINE@↓

https://line.me/R/ti/p/%40kym8738q

 

関連記事

仮面銀行マンk

嫁は貴方の味方にはならない!

こんにちは^^kです。副業をやろう!収入の袋を作ろう! と決めて、 いろんなセミナーに行ったり、勉強

記事を読む

no image

原油価格がなぜ?

WTI原油価格が、一時1バレル55ドルを割り込みました。アレだけ、OPECやサウジアラビアもアメリカ

記事を読む

参議院選挙は、無難な結果に?

https://youtu.be/yS6oQYDzlHY

記事を読む

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った「国難解散」だったワケですが、

記事を読む

中国人民銀、1ドル=7元超える元安は容認せず?

このままにしておくと、 元安が止まらないということですね。 既に、資本の流出が始まって

記事を読む

China帝国とは?②

China帝国とは?② 1949年に、中華人民共和国は、成立します。 1976年に、毛沢東が

記事を読む

シャープはどこへ行くのか?

kです!シャープの買収劇、2転3転しています。 時事通信が伝えています。↓台湾の鴻海(ホン

記事を読む

no image

TPPが大筋合意?

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で大筋合意した関税撤廃の全容を公表しました^ ^。外国と貿易する9

記事を読む

英国議会、また否決!

離脱案が英国議会で三たび否決! 英国議会で、離脱案が議会で、 また否決されました。 これからの選択

記事を読む

no image

「長短「金利操作付き量的・質的緩和」とは?

日銀の黒田総裁は、「日本銀行は、新たな政策枠組みのもとで、2%の物価安定目標の実現に向けて、従来より

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





PAGE TOP ↑