*

わかる!決算書講座①

公開日: : 最終更新日:2016/01/22 わかる財務・ファイナンス講座

財務を理解するには、
 
まず、
 
会計の決まりごとを理解することが大切です。
 
その会計の決まりごとに沿って、決算書が作られます。
 
 
会社がどのような状態になっているのか?
 
それを判断するのに、決算書が役立ちます。
 
 
取引するかどうかの判断、株式投資、就職活動、等々。
 
いろんな場面で使えます。
 
 
資本主義経済に身を置く以上、避けて通れませんね。
 
どういうルールで、数値化するのか?
 
基本的なルールを把握しておかなければいけません。
 
それが、会計原則のルールです。
 
スポーツにもルールがあるのと同じように、
 
世界や日本中で決まったルールの中で行わないと、
 
本当に、会社の内容が良いのか悪いのか判断出来ません。
 
 
 
ゴーイングコンサーン
 
現在は、
会社は、「将来にわたってビジネスを行う」ことを前提としています。
このような考えを「ゴーイングコンサーン」といいます。
しかし、中世の時代は、何かのプロジェクトを行いその為に資金を出しあい、
それが成就したら解散するというのが、会社の基本でした。
1イヤールール
企業の状態を知るには、どこか境界線を設けなければいけません。
会計では1年を区切りとしています。
1イヤールールといいます。
これが、もし3年だったらどうでしょう?
3年決算が出たころは、手遅れの状態になっているかも?です。
早めに改善点を見つければ、早目に企業の業務改善に
取り掛かることができます。
発生主義
会計での現金は、現実世界とは少し違います。
通常であれば、現金を受け取った瞬間にお金が動くと感じるはずです。
しかし、会計では違います。
たとえお金が動かなかったとしても、商品を動かしただけで
「売上」と考えて会計処理を行います。

 

コンビニなどの現金商売とは異なり、大多数のビジネスは商品だけを先に発送します。
このとき、代金の支払いは後になります。
月末などでまとめて代金を請求するのが普通です。
ツケにしておくということ=掛け売りです。
このことを、売掛金といいます。
同時に、仕入れ側は支払いの義務を負うことになります。
実際に現金は動いていなかったとしても、
 
その時点で将来に受け取る(支払う)べきお金が発生するため、
 
会計ではこれを記録します。
実際にその取引が発生した時点で売上が生じることを発生主義といいます。
取得原価主義
その資産を取得するために、
実際に支払った金額を基準に行う考え方を言います。
メリットとしては、原価主義は、後で、検証がしやすいということです。
どういうことかというと、
資産を購入して、支出した金額は、普通は領収書があるので、
領収書を保存しておけば、後に検証が可能となるからです。
取得原価主義のデメリットは、期末の時価と取得原価が、一致しないことです。
期末に資産を取得原価で評価すると、本当の資産価値を示せなくなります。
時価主義
そこで、取得原価主義の反省として、資産を時価で評価するという基準があります。
特に、株式などの資産は当然、取得原価と時価は一致しないからです。
当初買った時より、値上がりしているのか?
値下がりしているのか?
時価で評価してこそ本当の姿がわかりますね。

 

仮面銀行マンk

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒

https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

わかる!決算書講座⑦キャッシュフロー計算書とは?その1

kです!決算書には、 損益計算書と貸借対照表とキャッシュフロー計算書があります。 損益計算書と貸借対

記事を読む

わかる!決算書講座②損益計算書その1

kです。損益計算書は、「会社が1年間ビジネスをやった結果の収支報告書」です。 どれだけ売上があり、 

記事を読む

わかる!決算書講座⑧キャッシュフロー計算書とは?その2

kです!決算書には、 損益計算書と貸借対照表とキャッシュフロー計算書があります。 損益計算書と貸借対

記事を読む

わかる!決算書講座⑥貸借対照表その4純資産とは?

では、今回から、 貸借対照表の中の「純資産」について解説していきます。 純資産は会社の貯金ともいえる

記事を読む

わかる!決算書講座③損益計算書その2

前回は利益についてお話しました。 今回は、経費・費用についてお話します。 会社で、どのような経費・費

記事を読む

わかる!決算書講座④貸借対照表その1

前回までに、損益計算書についてお話しました。 今回からは、貸借対照表についてお話します。  貸借対照

記事を読む

わかる!決算書講座⑥貸借対照表その3流動負債・固定負債

では、今回から、 貸借対照表の右側の負債についてのお話しです。  負債 負債というのは、将来返さなけ

記事を読む

わかる!決算書講座⑤貸借対照表その2流動資産・固定資産

前回からは、貸借対照表についてお話しています。 貸借対照表は「企業がどのようにお金を調達し、運用して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

元利均等返済とは何ですか?

元利均等返済とは、ローン返済方法のひとつで、毎回の返済額が、支払い開始

元金均等返済とは何ですか?

元金均等返済とは、ローン返済方法のひとつで、支払い開始から支払い終了ま

金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み

信用保証協会はなぜ連帯保証人を取るの?

信用保証協会は、借主=債務者が、銀行から融資を受けるにあたり「保証人」

個人のカードローンの延滞は、信用保証協会の審査に影響するか?

基本、信用保証協会は個人信用情報の調査は行いませんから、カードローンの

→もっと見る





PAGE TOP ↑