*

決裂となった米朝首脳会談の余波^_^

公開日: : intelligence対外情報部

もっとも困っているのは韓国の文在寅大統領^_^

3月1日は「三・一運動」100周年と

いう重要なタイミングで、

この日の記念演説で「新しい朝鮮半島構想」

をぶち上げ、

北朝鮮向けの経済協力に踏み込もうと

してたのに。涙

やっぱり、

トランプは、甘くないよ^_^

中国も、そう思ったはず^_^

日本には、 good!

仮面銀行マンk

黒田哲也

関連記事

China帝国とは?⑨

前回もお話ししたように、やがて、中国は、 是々非々の戦略の最終形態として、 アメリカと

記事を読む

China帝国とは?⑧

ところが、4.5年前ぐらいから、 中国は、今までの戦略が間違いだったと 気づいたようで

記事を読む

China帝国とは?⑦

中国の、第三の間違いは、 古代からですが、 統一された政治体制を持ち、 その指導

記事を読む

no image

ホンダも、英語撤退?

ホンダ、英自動車工場閉鎖へ22年、欧州生産撤退し日本回帰。いよいよ、ホンダも日産も撤退ですか?英国は

記事を読む

韓国は「盗撮大国」!

盗撮といえば、 K-POP歌手のチョン・ジュニョンが女性たちとの性行為を隠しカメラで撮影し、

記事を読む

タックスヘイブンの実態①

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンにどれくらいの資産が隠されているのでしょう?という全体

記事を読む

China帝国とは?⑥

中国の第二の間違い? 資本主義社会が、リーマンショックの 傷跡で、惨憺たる状況の中、

記事を読む

ファーウェイポーランドスパイ事件

https://youtu.be/6QuFeY9GpaM

記事を読む

対外税金問題の重要マメ知識1

今回の仮面銀行マンkのお話は、 ちょっと難しいお話^^これから、各国間で税金の争奪戦が間違

記事を読む

no image

租税回避?「パナマ・ペーパーズ」が世界を揺るがす。

カリブ海の英領バージン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)に設立された21万余の法人に関する電子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

no image
【裏解説】 ‪イスラエルとUAE、国交正常化に合意 ‬

‪対イランについては、両方とも敵。‬敵の敵のは、味方というこ

→もっと見る





PAGE TOP ↑