*

韓国は「盗撮大国」!

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 島田紳助の研究


盗撮といえば、

K-POP歌手のチョン・ジュニョンが女性たちとの性行為を隠しカメラで撮影し、SNSのグループチャットを通じて友人と共有していた事件があります。

しかも、チャットのメンバーは「人気グループBIGBANGの元メンバーV.I.ことスンリ」や、「実力派シンガーソングライターとして昨年末に日本進出したばかりのロイ・キム」など、有名人。彼らの多くが立件されて芸能界引退に追い込まれています。

韓国で隠しカメラの問題が事あるごとに取り沙汰されるようになったのは、2年前の2017年春頃から。

今年3月には、モーテルの客室に隠しカメラを設置し、宿泊客のプライベートをネットで生中継していたグループの4人が逮捕された。

犯人らは全国10都市にある30か所のモーテルに、803台もの隠しカメラを設置。

Wi-Fiを通じてネットに接続し、リアルタイムでカメラの遠隔操作まで行っていた。

隠しカメラはTVや電源コンセント、ヘアドライヤースタンドなどに設置されていた。

恐らくは想像できないほど多くの隠しカメラが、プライベート空間に設置されているのだろう。

ゴールデンウィークに、

韓国を訪れる日本人旅行者も、

ホテルやトイレでは注意したほうが。

関連記事

島田紳助の研究02「お笑いの教科書」を作る

こんにちは^^。kです。島田紳助。好き嫌いがはっきりわかれますよね?でも、kは、好き嫌いは別にして、

記事を読む

no image

EU首脳、英離脱の延期で合意?!

EU首脳、英離脱の延期で一応合意しました。2段階の合意。①英議会が来週メイ首相の離脱案を承認した場合

記事を読む

タックスヘイブンの実態②

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態②たぶん、あなたはスタバよりたくさん納税した!?

記事を読む

China帝国とは?⑦

中国の、第三の間違いは、 古代からですが、 統一された政治体制を持ち、 その指導

記事を読む

China帝国とは?⑨

前回もお話ししたように、やがて、中国は、 是々非々の戦略の最終形態として、 アメリカと

記事を読む

トランプ政権、対中関税第4弾を発表!

合意がされるものと期待していた、 マーケットは、梯子を外された格好。 暫しの、混乱は、

記事を読む

no image

英議会、EU離脱協定案、新たな合意もまた否決‬

英議会は、EU離脱協定案に関して、新たな合意もまた否決しめした。 もともと、内容の無い、合

記事を読む

島田紳助の研究04「XとYの分析」

こんにちは^^。kです。島田紳助。好き嫌いがはっきりわかれますよね?でも、kは、好き嫌いは別にして、

記事を読む

no image

金正恩の正念場?

トランプは「北朝鮮と中国は一体だ」と見抜いて、中国を締め上げれば、北朝鮮を厳しい立場に追い込める戦略

記事を読む

China帝国とは?⑤

中国は、 大きく分けて、 3つの大きな間違いをしたと思います。 まず、1

記事を読む

no image
‪住宅ローン、コロナで生活困窮➡減免特例へ‬

‪金融庁と全国銀行協会などは、コロナで収入が激減し生活難に陥

no image
香港行政会議の招集者 陳智思氏の‬ ‪米資本銀行口座が閉鎖‬ ‪HSBCも?‬

‪ ‪フィナンシャルタイムズは香港に支店を持つ米資本や欧州の銀

no image
【裏解説】FRB議長、追加策検討‬

FRBは29日のFOMCで、ゼロ金利と量的緩和政策を維持しま

no image
②会員制ビジネスとは?

~黒田哲也の会員制ビジネス七転八倒記~ 私の具体的なお

no image
①いかに会員制ビジネスを構築&運営してきたのか?

~黒田哲也の会員制ビジネス七転八倒記~ 最近は、オンラインサロ

→もっと見る





PAGE TOP ↑