*

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の税金はどうなるか?

公開日: : 最終更新日:2019/07/27 経済【裏】解説


フェイスブックは来年には、

仮想通貨「リブラ」の発行を目指しています

が、これにムニューシン米財務長官は、

犯罪に利用される懸念を指摘する中で

既存の仮想通貨についても露骨に批判

しています。

しかし、世界で初めて、

交換業者への登録制採用や合法的な

決済手段との認定に踏み切り、

仮想通貨の規制で世界をリードしてきた

日本にとって、

「大きな責任を負わされかねない展開」

が見えてきました。

ムニューシン氏は7月15日の記者会見で、

リブラについて「マネーロンダリング

(資金洗浄)やテロ資金調達に悪用される

恐れがある」と指摘。

「フェイスブックが規制に正しく

従うことを証明するには相当の努力が

必要だ」とも語り、

米当局の認可に時間がかかるという

認識を示しました。

さらに、ビットコインなど既存の

仮想通貨を挙げながら

「脱税や薬物売買に使われている。

国家安全保障上の問題であり、

仮想通貨に関わる団体には最も厳しい

基準を適用した監督・検査を実施する」

と明言しました。

一方、日本で監督にあたる金融庁は、

「リブラは電子マネーに近い印象で、

仮想通貨ではなく送金取り扱い業者として

登録すれば済むのではないか」

と楽観的な見立てをしています。

アメリカとは、かなりの温度差があります。

しかし国税庁関係者は、

「仮想通貨の利用者は投機的な取引で

億単位の収益を稼ぎながら税務署に

申告せず、脱税しているケースが多い。

リブラを甘く見て日本への進出を簡単に

許し、もし脱税に利用される事態になれば、

米国を中心に世界から仮想通貨全体の

監視体制の不備を問われることになる」

と金融庁とは、距離を置いてます。

アメリカの国税庁(IRS)の定義では、

仮想通貨はProperty(資産)であると

定義されています。

つまり株式と同様な扱いです。

なので、アメリカでは、

1年を超えて保有すれば長期投資となり

優遇税率が適用されます。

長期キャピタルゲインが発生した場合には

低所得者以外は、15%の税率となります。

1年以内の短期の場合は、

所得に応じた累進課税です。

トランプ大統領も、

「Facebook社は銀行としての

ライセンスを取得し、規制を受けるべき」

としています。

日本も、Suicaみたいなモノだとの

認識では、不味いことになるでしょう。

貨幣制度が始まってから、

ビットコインなどの信用の裏付けの

無い通貨とは違って、

通貨としての裏付けを持ちながら、

世界を横断しての通貨を発行出来る

主体=企業が出て来るとは、

想像もしてなかったワケで、

ある意味、通貨革命なのかもしれません。

仮面銀行マンk
黒田哲也

関連記事

グーグルマップとは?

世界で10億人余りの人々に、 生活になくてはならないものになっている 「グーグルマップ

記事を読む

仮想通貨事業者に分裂問題が浮上‼️

ビットコインを扱う世界の事業者で分裂騒動が起きており、14の取引所が加盟する日本仮想通貨事業者協会(

記事を読む

アメリカ利上げやりました!

FRBは同日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で約9年半ぶりとなる利上げを決めました。米株式

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?①

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

no image

日銀の国債保有シェアが低下?!

日銀の国債保有シェアが低下してます。日本銀行の国債保有シェアが、2013年の異次元緩和開始以降で初め

記事を読む

株の極意2:ナンピンは禁止!

kです!年明けの暴落相場?でダメージを受けたり、自信を無くし気味の方も多いのでは?なので、kの株式投

記事を読む

no image

米VSサウジ?対立するはずが無い。

サウジアラビアの反体制ジャーナリストが行方不明になった事件が米国とサウジの外交摩擦に発展し、原油市場

記事を読む

no image

アメリカの中間選挙!

トランプ米政権への審判となる中間選挙を本日に控え、激戦州を飛び回るトランプ大統領は、先週から南部で与

記事を読む

安倍首相、完全雇用は達成、2%物価目標は「一応」の目的?

安倍首相は、政府と日本銀行が掲げる 2%の物価安定目標には届いていないものの、 完全雇

記事を読む

米FRB議長、続投も?トランプ大統領が検討

 トランプ米大統領は、 来年2月に任期を迎えるイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の続投について

記事を読む

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑