*

遺産の預貯金払い出しが可能に!

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 経済【裏】解説

亡くなった人の相続預貯金を、
遺産分割前でもおろせる払戻制度が、
7月に始まります。

故人のお金は遺産分割の対象になるため、口座が凍結されてしまい、
葬儀代の支払いなどに使えず、
困ってました。


約40年ぶりの相続法見直しで、150万円を上限に使い道を問わずにお金を引き出せます。
全国銀行協会も、手続きや必要書類の告知を始めてます。


故人(被相続人)の口座は、銀行が死去を知った時点で凍結。
今までは、
お金をおろすには、預貯金などの遺産分割協議を遺族間で終えて、必要書類を出すのが原則でした。

しかし、
協議が長引くと、遺族が生活費や葬儀代の支払いに困る事態がよくありました。
 
新たな払戻制度だと、被相続人の口座残高の3分の1の範囲で、相続人は自らの法定相続分をおろせることになります。

払い戻しまである期間が必要とする銀行もあり、すぐにおろせる、というわけでもないみたいですが。
銀行によって対応は、まちまちでしょうが。
とにかく、葬儀費用ぐらいは、
何とかなりそうです。

仮面銀行マンk
黒田哲也

関連記事

金融庁、地銀に特別検査  米金利上昇、外債で運用損?

債券は、金利が上昇すると価格は下落します。足元の米金利上昇で多額の含み損を抱えたり、実際に損失を出し

記事を読む

no image

国の借金1100兆円=1人当たり885万円 -財務省の洗脳?

財務省の洗脳?財務省は、国債と借入金などを合計した「国の借金」が、2018年12月末現在で、1100

記事を読む

仮想通貨事業者に分裂問題が浮上‼️

ビットコインを扱う世界の事業者で分裂騒動が起きており、14の取引所が加盟する日本仮想通貨事業者協会(

記事を読む

no image

消費税先送り?

安倍晋三首相は2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて、先送りも含む検討に入った。

記事を読む

China帝国とは?①

China帝国とは?① 米中貿易摩擦で、 世界のマーケットが混乱しています。 中国は、今や

記事を読む

米FRB議長、続投も?トランプ大統領が検討

 トランプ米大統領は、 来年2月に任期を迎えるイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の続投について

記事を読む

JPX日経インデックス400の先物取引が始まりました。

こんにちは^ ^kです。JPX日経インデックス400の先物取引が始まりました。 投資家にとっては先物

記事を読む

中国人民銀、1ドル=7元超える元安は容認せず?

このままにしておくと、 元安が止まらないということですね。 既に、資本の流出が始まって

記事を読む

no image

EU離脱合意を英下院が230票の大差で否決!

3月29日が期限の欧州連合(EU)離脱を巡る協定と政治宣言の採決が1月15日、英下院で行われ、賛成2

記事を読む

中国からお金の大脱走(エスケープ)?

kです!中国人民銀行(中央銀行)は2月7日、1月末の外貨準備高が、前月より994億ドル(約12兆円)

記事を読む

no image
米大統領が富裕層キャピタルゲイン増税提案 ?!

バイデン大統領は富裕層に対するキャピタルゲイン税の税率を39.6%と

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

→もっと見る





PAGE TOP ↑