*

米中対立で漁夫の利を得るのは何処?

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, ビジネス脳養成ゼミ, 経済【裏】解説

こんにちは^_^

今回は、

米中対立で漁夫の利を得るのは何処?

というお話しです^_^

米中両国は相互に関税率を引き上げるなど、

既に、貿易戦争に突き進んでいます。

Attachment.png

アメリカの知的財産権保護などを

主要議題とした米中貿易交渉は

合意間近とみられていました。

ところが、5月入って事態は急変。

中国側の約束反故を主張するアメリカと、

アメリカ側の強硬姿勢を嫌気した

中国の対立が表面化し、

協議は事実上決裂してしまいます。

それにより、春先以降は改善しつつあった

世界経済も、再び減速への懸念が強まり

市場心理が悪化しています。

この米中の対立は、

周辺各国にどのような

影響を与えるでしょうか?

米中間の貿易の一部が、

高い税率を免れようと第三国

との貿易に移行する効果が見込まれ、

いずれ、工場の脱中国化が進みます。

それにより周辺のアジアに

ビジネス・チャンスが広がりそうです。

日本も、恩恵を受けるかもしれませんが、

その中で、一番の恩恵を受けるのは、

技術大国として躍進中の

ベトナムだと思います。

ある機関の調査によると、米中貿易戦争で、

産業別では電子・電機産業への影響が

大きいとみられています。

その意味でも、韓国サムスンの進出で

今やスマートフォンの一大拠点となった

ベトナムが脚光を

浴びるのではないでしょうか?

実際、ベトナムは輸出入に必要な

物流インフラの整備や、

4年間の法人税免除といった

税制優遇措置もあり、

東アジアにおける生産拠点として

魅力が高まっているようです。

人口が2060年まで増え続けると予測され、

労働人口も豊富であるうえ

技術者の技能が高いことでも

知られています。

しかも、賃金が中国の3割程度と

人件費が割安で、

中国の代替拠点として申し分のない

条件をそろえています。

ベトナムの2018年の、

国内総生産(GDP)成長率は+7.1%と、

中国の+6.6%を大きく上回り、

と世界トップのインド+7.3%に迫りました。

世界銀行は2019年の経済見通しで

ベトナムの成長率を+6.6%と、

2017年の+6.8%を下回る減速を

予想していますが、

米中協議の難航で上方修正される

可能性もあります。

引き続き高成長を維持できれば、

こうした強い経済基盤は国際的にも

一段と信用を高めるでしょう。

米中交渉の行方が注目されていた5月9日、

英格付け会社フィッチ・レーティングスは

ベトナムの外貨・VND建て長期発行体の

格付けを「BB」に据え置く一方、

見通しを「安定的」から「ポジティブ」

に引き上げました。

安定的に拡大する国内経済、

成長に連動して上昇基調が続く

インフレなど、様々なリスク要因に

対応可能と評価したためです。

米中貿易戦争により、

さらに評価を引き上げるかもしれません。

そして、ベトナムと中国は、

同じ社会主義の国ながら、

領海問題もあり、対立しているのです。

中国からの工場移転は、ウェルカム

なはずです。

ベトナムは、要注目ですぞ!^_^

====================

☆ツイッターTwitterも見てくださいね^_^

呟いてます。

仮面銀行マンk (@tetuya3939).twitter.com/tetuya3939    

楽待不動産投資新聞コラム銀行融資の裏側

http://www.rakumachi.jp/news/archives/5838

黒田哲也のアマゾンkindle著作

両著作共、無料ダウンロード第1位を獲得しております。

「あの暁に向かって走れ!」は、

コチラ⇒

http://tenchikaimei.com/tool/aIRAuQ

「シベリアの夜は未だ明けない」は、

コチラ⇒

http://tenchikaimei.com/tool/Wz4knv

アマゾンkindleの読み方とレビューの方法がわからない方は、

コチラ⇒をごらんくださいね^^

http://tenchikaimei.com/amazon/Kindleの読み方.pdf

仮面銀行マンk

黒田哲也

メルマガ解除はコチラ⇒

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=HSjobtIRnM


Attachment.png
















































関連記事

no image

飛んでイスタンブール!

通貨リラの下落が深刻化したトルコの最大都市イスタンブールで、欧州系の高級ブランド店に外国人客らが押し

記事を読む

no image

決裂となった米朝首脳会談の余波^_^

もっとも困っているのは韓国の文在寅大統領^_^3月1日は「三・一運動」100周年という重要なタイミン

記事を読む

いよいよ副業が認められる。

kです! いよいよ副業が認められる会社が出てきました。 以下の朝日新聞のニュース

記事を読む

アメリカからも。

kです!アメリカからも、消費税延期の包囲網だけでなく、更なる景気対策の要請が.....。こんなニュー

記事を読む

仮面銀行マンk

外国人労働者受け入れ政府検討!

政府は27日に初会合を開く「働き方改革実現会議」で、外国人労働者の受け入れを検討する。介護や育児、建

記事を読む

「世界の1%の富裕層資産>99%の資産」から思うこと

世界人口の1%にあたる富裕層が保有する資産は、それ以外の99%の人々の資産全てを合計したよりも多いと

記事を読む

円急進!105円台に!

ロンドン外国為替市場で円相場は急伸し、1ドル=105円55~65銭で取引されました。黒田さんが、前月

記事を読む

China帝国とは?⑨

前回もお話ししたように、やがて、中国は、 是々非々の戦略の最終形態として、 アメリカと

記事を読む

英国議会、また否決!

離脱案が英国議会で三たび否決! 英国議会で、離脱案が議会で、 また否決されました。 これからの選択

記事を読む

ビジネス脳=お金を稼ぐとはどういうことか?④

仮面銀行マンKです。 今日は、「ビジネス脳=お金を稼ぐ」ということの4回目。資産は何でもある。前回、

記事を読む

no image
米政府、香港総領事館の職員宿舎を売りに!‬

‪ ‪アメリカ本気ですね。。。‬‪売れるうちに売っておこう

no image
いよいよ米中戦争のゴングが鳴った!

https://youtu.be/Ha37QVK6L4U

no image
さよなら、香港!そして中国は?

‪トランプ大統領は、‬‪中国が香港に対する国家安全法制の導入

no image
「決意みくびるな」… 中国、香港国家安全法で強行突破へ!‬

‪中国も引くに引けない状況。‬ ‪香港の金融センターと

no image
‪ ‪【裏解説】 中国、香港に「国家安全法」導入⁉️

「香港の終わり」?‬ ‪中国は21日、扇動や破壊行為を禁止する

→もっと見る





PAGE TOP ↑