*

トランプ政権、対中関税第4弾を発表!

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説

合意がされるものと期待していた、

マーケットは、梯子を外された格好。

暫しの、混乱は、止む無し。

これで、ほぼ全ての中国製品に

関税25%適用になります。

中国も、報復関税かけますが、

規模の違いがあるので、

痛み分けとはいきません。

いずれ、工場の脱中国が起こります。

中国は、面子もありますが、

何処かで妥協せざるを得ないです。

トランプは、ツイッターでこう呟いてます。

「習主席と中国の多くの友人へ、もし貴方達が貿易協定を締結できないなら中国は大打撃を受けるだろうと率直に言う。それは企業が他の国へ移転しざる負えなくなるからだ。中国から輸入するのは高すぎる。ほぼ完了しかけてた良い協定だったが、貴方はそこから手を引いた。

I say openly to President Xi & all of my many friends in China that China will be hurt very badly if you don’t make a deal because companies will be forced to leave China for other countries. Too expensive to buy in China. You had a great deal, almost completed, & you backed out!」

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM5G2600M5GUHBI003.html

関連記事

no image

習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員会、 証券監督管理委員会

記事を読む

no image

香港、国家安全法施行

‪香港は死んだ?‬‪目に見えない戦車がやってきた。‬ ‪とうとう、中国やってしまいましたね。

記事を読む

no image

リオオリンピック終了

リオオリンピックが無事終わり、世間はその余韻に浸っています。日本選手は、大活躍でしたね(^-^)東京

記事を読む

China帝国とは?⑥

中国の第二の間違い? 資本主義社会が、リーマンショックの 傷跡で、惨憺たる状況の中、

記事を読む

no image

【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任命させたことは。 福音派

記事を読む

遺産の預貯金払い出しが可能に!

亡くなった人の相続預貯金を、 遺産分割前でもおろせる払戻制度が、 7月に始まります。 故人の

記事を読む

China帝国とは?④

ところが、2009年に、 皆さんも記憶にある、 戦後最大の金融危機である

記事を読む

三菱自動車、日産の傘下に

燃費データ不正問題を起こした三菱自動車に対し、日産自動車が約3割出資する方向で調整に入ったことが明ら

記事を読む

no image

中国全人代の景気刺激策!

中国全人代の景気浮揚策‬‪(1) 2019年に2兆元(約33兆円)規模 の減税‬‪(2) 社会保険料

記事を読む

必負の法則

kです!タンス預金用の「金庫」が売れまくる! というニュースが流れています。理由の一つは2015年

記事を読む

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑