*

グーグルマップとは?

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 経済【裏】解説

世界で10億人余りの人々に、

生活になくてはならないものになっている

「グーグルマップ」。

グーグルマップは、

通勤や仕事で、ナビとして

利用されているほか、

新しい街の散策や新たにオープンした

レストランを見つけるのにも不可欠だ。

14年前のサービス開始以来、

ほぼ無料での使用が可能だった。

ところが、これが変わりつつあることが、

グーグルの幹部とのインタビューから

分かったようです。

それによると、

グーグルは同社の持つマッピングツールの

顧客全てを同じ課金システムの下に置いた。

大企業も小規模企業にも共通のシステムの

採用についてグーグル側は、

プロセスの簡素化だとしているが、

多くの小規模ユーザーにとっては

大幅値上げになる。

グーグルは広告主が、

マップ利用者にアクセスする方法を

増やすほか、

マップの基本技術を利用する

一部企業への課金も強化。

いよいよ、グーグルマップで、

大きな収益を確保していくという

方針転換ですね。

そして、ネットで話題になった

ゼンリンZENRINを切ったというのは、

コレの布石だったようですね。

マップを使っているところに、

広告が出てくるのは、

鬱陶しい気もするけど、

飲食店をはじめとして、

お店を探す時に、

検索窓に「〇〇うどん」とかで、

調べるよりもgoogle mapで、

「うどん」とだけ入れて探すことも

かなり多い。

現在地の

検索エンジンとして機能することを

考えると、食べログやRetty、ぐるなび、

ホットペッパーを食う可能性はかなり高い

のではないでしょうか?

関連記事

原油相場の未来

こんにちは^^。kです。原油市場では、原油安が止まらない状況が続いています。原因は、1.中国経済の減

記事を読む

no image

TPPが大筋合意?

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で大筋合意した関税撤廃の全容を公表しました^ ^。外国と貿易する9

記事を読む

no image

米大統領、対中交渉期限を延長!

トランプ米大統領は、3月1日までとしていた対中貿易協議の交渉期限を延長する方針を表明しましたね。ハー

記事を読む

いよいよ副業が認められる。

kです! いよいよ副業が認められる会社が出てきました。 以下の朝日新聞のニュース

記事を読む

China帝国とは?④

ところが、2009年に、 皆さんも記憶にある、 戦後最大の金融危機である

記事を読む

中国ICO全面禁止❗️

中国当局が、仮想通貨発行による資金調達「新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)

記事を読む

中国からお金の大脱走(エスケープ)?

kです!中国人民銀行(中央銀行)は2月7日、1月末の外貨準備高が、前月より994億ドル(約12兆円)

記事を読む

no image

飛んでイスタンブール!

通貨リラの下落が深刻化したトルコの最大都市イスタンブールで、欧州系の高級ブランド店に外国人客らが押し

記事を読む

China帝国とは?③

1972年からのアメリカの対中政策は、 中国をあらゆる方面で、 援助し、ソ連に対抗させようとしまし

記事を読む

China帝国とは?⑥

中国の第二の間違い? 資本主義社会が、リーマンショックの 傷跡で、惨憺たる状況の中、

記事を読む





PAGE TOP ↑