*

China帝国とは?⑥

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説

中国の第二の間違い?

資本主義社会が、リーマンショックの

傷跡で、惨憺たる状況の中、

中国だけは、

2008年からの経済成長が、

ずっと続きます。

タイミングよく、

ゴールドマン・サックスが、

「BRICS」というキャンペーンを開始した

ことも、大きな要因かと思います。

ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ

を総称し、それらの新興国が、

これからの世界経済を牽引すると、

リポートしたのです。

「China up,US down.」

と、自分たちのファンドを売るための

営業トークもあったのですが、

世界もそれを信じ、

中国も乗せられたのかも

しれません。

そして、

中国は、世界の覇権を取るぞ!と、

領土拡張を開始するのです。

そのため、

我が日本国は、中国の膨張主義に

ここ10年間は、神経を使うことに

なりました。

しかし、やがて、資本主義社会は、

リーマンショックの

傷跡から、回復してきます。

今考えると、少し、牙を剥くのが早かった

ようです。

次の、資本主義社会の

リセッションの時であれば、

中国は、易々と覇権を握ることが

出来たと思います。

続く

仮面銀行マンk

黒田哲也



関連記事

no image

中国全人代の景気刺激策!

中国全人代の景気浮揚策‬‪(1) 2019年に2兆元(約33兆円)規模 の減税‬‪(2) 社会保険料

記事を読む

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った「国難解散」だったワケですが、

記事を読む

no image

【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任命させたことは。 福音派

記事を読む

貿易摩擦で中国は利下げへ、 FRB続けば米国の勝利?=トランプ大統領

貿易摩擦が長くなるほど、 中国は、利下げをして資金供給を 増やさざる得ないです。 アメリカも

記事を読む

no image

‪住宅ローン、コロナで生活困窮➡減免特例へ‬

‪金融庁と全国銀行協会などは、コロナで収入が激減し生活難に陥った個人や個人事業主に住宅ロー

記事を読む

仮面銀行マンk

kの収入の袋は?

こんにちは^^今回は、kの懐の中味についてのお話です。笑い kの収入の袋  1つ目は、仮面銀行マンK

記事を読む

副業解禁、主要企業の5割!

厚生労働省は2018年1月、 「副業・兼業の促進に関するガイドライン」 を作成して以来

記事を読む

対外税金問題の重要マメ知識1

今回の仮面銀行マンkのお話は、 ちょっと難しいお話^^これから、各国間で税金の争奪戦が間違

記事を読む

中国からお金の大脱走(エスケープ)?

kです!中国人民銀行(中央銀行)は2月7日、1月末の外貨準備高が、前月より994億ドル(約12兆円)

記事を読む

no image

トルコ中銀、政策金利24.00%に引き上げ!

 [イスタンブール ロイター] トルコ中央銀行は13日、政策金利である1週間物レポレート&

記事を読む

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑