*

China帝国とは?⑤

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説


中国は、

大きく分けて、

3つの大きな間違いをしたと思います。

まず、1番目は、マネーの力が全てだと、

錯覚してしまったことです。

これは、中国人の特徴なのかもしれません。

古来から、拝金主義は、変わらないと

いうことでしょうかね?^_^

具体的には、

新興国や発展途上国に対しては、

お金を使えば、

中国の言うなりになると

錯覚し、事実そのように考え、

外交で行動したことです。

例えば、スリランカでは、

お金を貸しこんで、

港を奪ってしまいました。

高利貸しやサラ金の手口と同じです。

中国の新興国への貸付利率も、

高利なので、もともと返せるはずが

ありません。

借りるほうも、借りるほうですが。

勿論、新興国のトップは、

袖の下と

ハニートラップで、

懐柔されてしまってますから。

しかし、

結果的に、これは、

周辺諸国を敵対視させる

ことになり、一帯一路という、

中国の野望は、頓挫することに

なるでしょう。

お金の力で解決しようとしたことが、

1番目の間違いでした。

マーケットや政治や経済全般、

株式投資、不動産投資、創業融資、

銀行融資などの情報をお伝えする、

「黒田哲也の金の理(コトワリ)通信」

配信中です。(無料ですから安心して下さい)

お金の世界は、全てが連動しています。

その考えで、物事を診ていきます。

ご興味ある方は、

コチラから登録をどうぞ⇒

http://tenchikaimei.com/tool/Ov3WLO

仮面銀行マンk

黒田哲也

まず、1番目は、マネーの力が全てだと、

錯覚してしまったことです。

つまり、新興国や発展途上国に対しては、

お金を使えば、言うなりになると

考え、外交で事実そのように行動したことです。

例えば、スリランカでは、お金を貸しこんで、

港を奪ってしまいました。

結果的に、これは、周辺諸国を敵対視させる

ことになり、一帯一路という、

中国の野望は、頓挫することに

なるでしょう。

お金の力で解決しようとしたことが、

1番目の間違いでした。


関連記事

no image

「長短「金利操作付き量的・質的緩和」とは?

日銀の黒田総裁は、「日本銀行は、新たな政策枠組みのもとで、2%の物価安定目標の実現に向けて、従来より

記事を読む

no image

国の借金1100兆円=1人当たり885万円 -財務省の洗脳?

財務省の洗脳?財務省は、国債と借入金などを合計した「国の借金」が、2018年12月末現在で、1100

記事を読む

トランプ氏が共和党指名確定!

米大統領選の共和党候補指名争いで、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)は4日、同州で演説し、選

記事を読む

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った「国難解散」だったワケですが、

記事を読む

遺産の預貯金払い出しが可能に!

亡くなった人の相続預貯金を、 遺産分割前でもおろせる払戻制度が、 7月に始まります。 故人の

記事を読む

アメリカ利上げやりました!

FRBは同日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で約9年半ぶりとなる利上げを決めました。米株式

記事を読む

対外税金問題の重要マメ知識1

今回の仮面銀行マンkのお話は、 ちょっと難しいお話^^これから、各国間で税金の争奪戦が間違

記事を読む

no image

日銀の国債保有シェアが低下?!

日銀の国債保有シェアが低下してます。日本銀行の国債保有シェアが、2013年の異次元緩和開始以降で初め

記事を読む

no image

熊本地震、復興へ政府が旅行券(^ ^)

政府は、5月31日、熊本地震対策として導入する「九州観光支援旅行券」の詳細を発表しました。180億円

記事を読む

副業解禁、主要企業の5割!

厚生労働省は2018年1月、 「副業・兼業の促進に関するガイドライン」 を作成して以来

記事を読む





PAGE TOP ↑