*

China帝国とは?⑤

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説


中国は、

大きく分けて、

3つの大きな間違いをしたと思います。

まず、1番目は、マネーの力が全てだと、

錯覚してしまったことです。

これは、中国人の特徴なのかもしれません。

古来から、拝金主義は、変わらないと

いうことでしょうかね?^_^

具体的には、

新興国や発展途上国に対しては、

お金を使えば、

中国の言うなりになると

錯覚し、事実そのように考え、

外交で行動したことです。

例えば、スリランカでは、

お金を貸しこんで、

港を奪ってしまいました。

高利貸しやサラ金の手口と同じです。

中国の新興国への貸付利率も、

高利なので、もともと返せるはずが

ありません。

借りるほうも、借りるほうですが。

勿論、新興国のトップは、

袖の下と

ハニートラップで、

懐柔されてしまってますから。

しかし、

結果的に、これは、

周辺諸国を敵対視させる

ことになり、一帯一路という、

中国の野望は、頓挫することに

なるでしょう。

お金の力で解決しようとしたことが、

1番目の間違いでした。

マーケットや政治や経済全般、

株式投資、不動産投資、創業融資、

銀行融資などの情報をお伝えする、

「黒田哲也の金の理(コトワリ)通信」

配信中です。(無料ですから安心して下さい)

お金の世界は、全てが連動しています。

その考えで、物事を診ていきます。

ご興味ある方は、

コチラから登録をどうぞ⇒

http://tenchikaimei.com/tool/Ov3WLO

仮面銀行マンk

黒田哲也

まず、1番目は、マネーの力が全てだと、

錯覚してしまったことです。

つまり、新興国や発展途上国に対しては、

お金を使えば、言うなりになると

考え、外交で事実そのように行動したことです。

例えば、スリランカでは、お金を貸しこんで、

港を奪ってしまいました。

結果的に、これは、周辺諸国を敵対視させる

ことになり、一帯一路という、

中国の野望は、頓挫することに

なるでしょう。

お金の力で解決しようとしたことが、

1番目の間違いでした。


関連記事

no image

「長短「金利操作付き量的・質的緩和」とは?

日銀の黒田総裁は、「日本銀行は、新たな政策枠組みのもとで、2%の物価安定目標の実現に向けて、従来より

記事を読む

no image

いよいよ米中戦争のゴングが鳴った!

https://youtu.be/Ha37QVK6L4U

記事を読む

どうやら、世界中がゼロ金利以下?

kです!電撃的なマイナス金利導入から1週間がたちました。 そんな中、現在の世界の金融市場で

記事を読む

シャープはどこへ行くのか?

kです!シャープの買収劇、2転3転しています。 時事通信が伝えています。↓台湾の鴻海(ホン

記事を読む

トランプ氏が共和党指名確定!

米大統領選の共和党候補指名争いで、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)は4日、同州で演説し、選

記事を読む

no image

EU首脳、英離脱の延期で合意?!

EU首脳、英離脱の延期で一応合意しました。2段階の合意。①英議会が来週メイ首相の離脱案を承認した場合

記事を読む

no image

日銀の政策変更久しぶり。

日銀は、政策決定会合で、株式相場への影響に配慮し、上場投資信託(ETF)の購入配分を見直すことに。マ

記事を読む

いよいよ副業が認められる。

kです! いよいよ副業が認められる会社が出てきました。 以下の朝日新聞のニュース

記事を読む

no image

ホンダも、英語撤退?

ホンダ、英自動車工場閉鎖へ22年、欧州生産撤退し日本回帰。いよいよ、ホンダも日産も撤退ですか?英国は

記事を読む

China帝国とは?④

ところが、2009年に、 皆さんも記憶にある、 戦後最大の金融危機である

記事を読む

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑