*

China帝国とは?④

公開日: : 最終更新日:2019/05/21 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説






ところが、2009年に、




皆さんも記憶にある、




戦後最大の金融危機である




「リーマンショック」が起きます。




資本主義社会の




世界経済の構造に大変化が起こります。




唯一、中国だけが、




その影響を大きく受けなかったのです。




デリバティブ商品という不良債権を




買ってなかったからです。




ここで、中国は、勘違いをします。




世界一になるのに、




20年以上は、かかると思っていたのが、




アメリカや日本の欧州の体たらくぶり




を見て、




10年程度で、世界一の経済大国に、




手が届くと勘違いしてしまったようです。




リーマンショックの時の、




各国の混乱ぶりを見れば、そう考えたのも、




無理ないことかもしれませんが。




そこで、いろんな政策上のミスを




していくことになるのです。




仮面銀行マンk




黒田哲也




リーマンショックが起きると、




世界経済の構造に変化が起こった。




この機会に、中国は、世界一になるのに、




25年以上は、かかると思っていたのが、




10年程度で、手が届くと勘違いして




しまったようです。




そこで、いろんな政策上のミスを




していくことになるのです。




3つの大きな間違いを犯していきます。
















関連記事

残業代から見たブラック企業の見分け方

こんにちは^ ^kです。今回は、残業代から見た、ブラック企業の見分け方を紹介していきます^_^就職先

記事を読む

タックスヘイブンの実態②

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態②たぶん、あなたはスタバよりたくさん納税した!?

記事を読む

タックスヘイブンの実態①

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンにどれくらいの資産が隠されているのでしょう?という全体

記事を読む

イランと欧州諸国が核で合意。

イランと欧州連合(EU)は16日、ウィーンで共同声明を発表し、イラン核開発疑惑を受けた米欧による対イ

記事を読む

no image

China帝国とは?⑩

トランプ大統領が目標とする、 その標的は、 中国のサプライチェーンを破壊する こ

記事を読む

アメリカ利上げと原油相場

こんにちは^ ^kです。新年早々、いろんな意味で世界が揺れています。というお話しは、しましたね。サウ

記事を読む

FBIがヒラリー・クリントン氏に事情聴取。

米大統領選で民主党の指名獲得がほぼ確実となっているヒラリー・クリントン前国務長官が、在任中の公務に私

記事を読む

賃上げの代わりに時短^ ^

kです!味の素は8日までに、所定労働時間を、1日当たり20分短縮することを労働組合側に回答、妥結しま

記事を読む

no image

「強い者が生き残るのではない。」

あけましておめでとうございます。日経平均は、2017年上昇率は、19.1%と6年連続の上昇となりまし

記事を読む

日銀当座預金残高100兆円超える!

 とうとう、日銀当座預金残高が100兆円超えです。 日銀は2013年4月、金融機関が保有す

記事を読む

no image
遺産の預貯金払い出しが可能に!

亡くなった人の相続預貯金を、 遺産分割前でもおろせる払戻制度が、 7

no image
安倍首相、完全雇用は達成、2%物価目標は「一応」の目的?

安倍首相は、政府と日本銀行が掲げる 2%の物価安定目標には届い

no image
地銀再編 10年で集中支援!

国や地方の成長戦略を議論する 未来投資会議で、 経営環境

no image
China帝国とは?⑩

トランプ大統領が目標とする、 その標的は、 中国のサプラ

no image
China帝国とは?⑨

前回もお話ししたように、やがて、中国は、 是々非々の戦略の最終

→もっと見る





PAGE TOP ↑