*

China帝国とは?④

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 intelligence対外情報部, 経済【裏】解説


ところが、2009年に、

皆さんも記憶にある、

戦後最大の金融危機である

「リーマンショック」が起きます。

資本主義社会の

世界経済の構造に大変化が起こります。

唯一、中国だけが、

その影響を大きく受けなかったのです。

デリバティブ商品という不良債権を

買ってなかったからです。

ここで、中国は、勘違いをします。

世界一になるのに、

20年以上は、かかると思っていたのが、

アメリカや日本の欧州の体たらくぶり

を見て、

10年程度で、世界一の経済大国に、

手が届くと勘違いしてしまったようです。

リーマンショックの時の、

各国の混乱ぶりを見れば、そう考えたのも、

無理ないことかもしれませんが。

そこで、いろんな政策上のミスを

していくことになるのです。

仮面銀行マンk

黒田哲也

リーマンショックが起きると、

世界経済の構造に変化が起こった。

この機会に、中国は、世界一になるのに、

25年以上は、かかると思っていたのが、

10年程度で、手が届くと勘違いして

しまったようです。

そこで、いろんな政策上のミスを

していくことになるのです。

3つの大きな間違いを犯していきます。

関連記事

no image

アメリカの中間選挙!

トランプ米政権への審判となる中間選挙を本日に控え、激戦州を飛び回るトランプ大統領は、先週から南部で与

記事を読む

no image

産油国談合会合?

産油国会合 “引き続き増産努める”とニュースが報道されています。イラン産の原油に対するアメリカの経済

記事を読む

no image

西日本豪雨の被災地支援策の第1弾

政府は、‎なとなる「生活・生業再建支援パッケージ」をまとめた。2018年度予算の予備費から約1058

記事を読む

安倍首相、完全雇用は達成、2%物価目標は「一応」の目的?

安倍首相は、政府と日本銀行が掲げる 2%の物価安定目標には届いていないものの、 完全雇

記事を読む

no image

ブレント原油、一時1バレル80ドル台乗せ!

12日のロンドン市場で、北海ブレント原油先物が買われ、期近物が一時1バレル80.13ドルに上昇。80

記事を読む

対外税金問題の重要マメ知識1

今回の仮面銀行マンkのお話は、 ちょっと難しいお話^^これから、各国間で税金の争奪戦が間違

記事を読む

仮面銀行マンk

知ってると得する経営者保証ガイドラインって?②

 経営者保証ガイドラインってご存知でしょうか?この制度は、われわれお金を借りている人にとっ

記事を読む

タックスヘイブンの実態③アップルも^^

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態③アップルも^^。今年になってアップル社も、アメ

記事を読む

no image

トルコ中銀、政策金利24.00%に引き上げ!

 [イスタンブール ロイター] トルコ中央銀行は13日、政策金利である1週間物レポレート&

記事を読む

no image

EU離脱合意を英下院が230票の大差で否決!

3月29日が期限の欧州連合(EU)離脱を巡る協定と政治宣言の採決が1月15日、英下院で行われ、賛成2

記事を読む





PAGE TOP ↑