*

租税回避?「パナマ・ペーパーズ」が世界を揺るがす。

公開日: : intelligence対外情報部

カリブ海の英領バージン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)に設立された

21万余の法人に関する電子ファイルを、

南ドイツ新聞と非営利の報道機関「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)が入手。

その内容を暴露しています。

 

タックスヘイブンは、法人税や所得税の税率がゼロか極めて低い国や地域で、

脱税や資金洗浄の温床になっているとの批判も根強いワケです。

 

多国籍企業や富裕層がタックスヘイブンを使って合法的に租税を回避することで

各国財政が悪化しているとして問題化になっています。

  

今回ICIJが入手したのは、タックスヘイブンの会社設立などを手がける

パナマの法律事務所の膨大な内部ファイルです。

 

1977年から2015年にかけて作られた文書やメールで、

バージン諸島やインド洋のセーシェル、

英仏海峡のガーンジーなどにある会社の株主や役員などの情報が含まれていました。  

 

その内容ですが、

10カ国の現旧指導者12人を含む公職者140人の関係会社が。  

 

具体的には、

ウクライナのポロシェンコ大統領は

14年8月にバージン諸島に会社を設立。

 

アイスランドのグンロイグソン首相は夫婦でバージン諸島の会社の株主に名を連ねていた。

同氏は09年に国会議員になった後に持ち株を妻に譲り、13年に首相になった。

取材に対して首相は「財産を隠したことはない」と述べた。  

 

アルゼンチンのマクリ大統領はバハマの会社の役員になっていた。

広報担当官は取材に対し、「家族のビジネスの一部であり、個人としては権利を持っていない」と説明。  

 

ロシアのプーチン大統領の友人でチェロ奏者のセルゲイ・ラルドゥーギン氏も。

同氏はタックスヘイブンの複数の会社の所有者となっており、これらの会社に資金が流れ込んでいた。

プーチン大統領の周辺で少なくとも20億ドル(2千億円余)が、

タックスヘイブンの会社や銀行を行き来したと、結論づけています。  

 

このほか、英国のキャメロン首相の亡父、

エジプトのムバラク元大統領の息子ら、

現旧指導者の親族61人の関係する法人の資料もファイルに含まれていた。  

アゼルバイジャンのアリエフ大統領の親族は、

金鉱の権利やロンドンの不動産をパナマの会社に保有していた。

パキスタンのシャリフ首相の子どもはバージン諸島の会社を通じてロンドンの不動産を所有していた。  

また、香港出身の俳優、ジャッキー・チェンさんやサッカーのメッシ選手ら著名人の関係企業もあったとのこと。

この問題なかなか闇は深いですねえ。

仮面銀行マンk

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、
 
「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^
 
末永いお付き合いになりますが……。
 
登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

China帝国とは?②

China帝国とは?② 1949年に、中華人民共和国は、成立します。 1976年に、毛沢東が

記事を読む

no image

英議会、EU離脱協定案、新たな合意もまた否決‬

英議会は、EU離脱協定案に関して、新たな合意もまた否決しめした。 もともと、内容の無い、合

記事を読む

米中対立で漁夫の利を得るのは何処?

こんにちは^_^ 今回は、 米中対立で漁夫の利を得るのは何処? というお話しです

記事を読む

China帝国とは?⑨

前回もお話ししたように、やがて、中国は、 是々非々の戦略の最終形態として、 アメリカと

記事を読む

China帝国とは?⑦

中国の、第三の間違いは、 古代からですが、 統一された政治体制を持ち、 その指導

記事を読む

China帝国とは?③

1972年からのアメリカの対中政策は、 中国をあらゆる方面で、 援助し、ソ連に対抗させようとしまし

記事を読む

China帝国とは?①

China帝国とは?① 米中貿易摩擦で、 世界のマーケットが混乱しています。 中国は、今や

記事を読む

China帝国とは?⑥

中国の第二の間違い? 資本主義社会が、リーマンショックの 傷跡で、惨憺たる状況の中、

記事を読む

貿易摩擦で中国は利下げへ、 FRB続けば米国の勝利?=トランプ大統領

貿易摩擦が長くなるほど、 中国は、利下げをして資金供給を 増やさざる得ないです。 アメリカも

記事を読む

タックスヘイブンの実態③アップルも^^

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態③アップルも^^。今年になってアップル社も、アメ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

no image
【裏解説】 ‪イスラエルとUAE、国交正常化に合意 ‬

‪対イランについては、両方とも敵。‬敵の敵のは、味方というこ

no image
中国、世界の工場としての日々は終わった -鴻海精密の劉会長‬

【裏解説】 ‪米アップルの主要サプライヤー‬‪の鴻海精密の動き

→もっと見る





PAGE TOP ↑