*

対外税金問題の重要マメ知識2

公開日: : 最終更新日:2016/01/06 intelligence対外情報部

今回の仮面銀行マンkのお話は、

 

前回お話した、

属地主義と属人主義の続き…..。

 

属地主義は、わかりましたか?

 

2.属人主義とは

住んでいる場所に関係なく、

その国の国籍・市民権を有している限り、

世界中で得た収入を全て、

自国に申告をして下さい。

その収入に対して、

課税を行いますという主義です。

 

この属人主義を取る国は、

世界で2国だけで、

それは、アメリカとフリピィンです。

 

だとすると、

属地主義を取る国(日本)に、

属人主義を取る国の市民権を持つ方(アメリカ人)が住んでいた場合、

その人は、税金を二重に払う可能性がおきます。

 

逆に、

属人主義を取る国(アメリカ)に、

同じく属地主義を取る国の方(日本人)が住んでいたとしたら、

世界中で得た所得を申告する義務が其々の国にありますので、

どちらの国に申告をして良いかがわからなくなる場合もあります。

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、
 
「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^
 
末永いお付き合いになりますが……。
 
登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

関連記事

China帝国とは?①

China帝国とは?① 米中貿易摩擦で、 世界のマーケットが混乱しています。 中国は、今や

記事を読む

China帝国とは?⑩

トランプ大統領が目標とする、 その標的は、 中国のサプライチェーンを破壊する こ

記事を読む

貿易摩擦で中国は利下げへ、 FRB続けば米国の勝利?=トランプ大統領

貿易摩擦が長くなるほど、 中国は、利下げをして資金供給を 増やさざる得ないです。 アメリカも

記事を読む

no image

英議会、EU離脱協定案、新たな合意もまた否決‬

英議会は、EU離脱協定案に関して、新たな合意もまた否決しめした。 もともと、内容の無い、合

記事を読む

China帝国とは?⑨

前回もお話ししたように、やがて、中国は、 是々非々の戦略の最終形態として、 アメリカと

記事を読む

対外税金問題の重要マメ知識1

今回の仮面銀行マンkのお話は、 ちょっと難しいお話^^これから、各国間で税金の争奪戦が間違

記事を読む

China帝国とは?③

1972年からのアメリカの対中政策は、 中国をあらゆる方面で、 援助し、ソ連に対抗させようとしまし

記事を読む

no image

金正恩の正念場?

トランプは「北朝鮮と中国は一体だ」と見抜いて、中国を締め上げれば、北朝鮮を厳しい立場に追い込める戦略

記事を読む

no image

租税回避?「パナマ・ペーパーズ」が世界を揺るがす。

カリブ海の英領バージン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)に設立された21万余の法人に関する電子

記事を読む

米中対立で漁夫の利を得るのは何処?

こんにちは^_^ 今回は、 米中対立で漁夫の利を得るのは何処? というお話しです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





PAGE TOP ↑