*

対外税金問題の重要マメ知識1

公開日: : 最終更新日:2016/01/06 intelligence対外情報部

今回の仮面銀行マンkのお話は、

 

ちょっと難しいお話^^

これから、

各国間で税金の争奪戦が間違いなく起こります。

というか起こっています。

最近のアメリカの動きはまさにそうです。

 

同時に、課税が重複するという問題も

起きてくると思います。

 

では、その問題となる

税法の基本中の基本である、課税の根拠とは?

何でしょう。

 

それが、

属地主義と属人主義なんです。

これは、誰に対して、どのような人に税金を果たすかという根拠です。

これが内と無法地帯になります。

 

まずは、

1.属地主義です。

属地主義とは、課税対象となる方が、

住んでいる場所

(日本であれば、日本に住んでいる方、日本人、外国人を含む)を根拠に

課税を行うという主義です。

つまり、日本を例にすれば、

日本に居住している方は

全員!

世界中で得た所得を日本の税務当局に申告をして下さいとの方式です。

 

一方、

外国に住んでいる、日本国籍保持者は、

日本の税務当局に申告する義務があるのは、

日本国内で得た収入のみです。

 

世界の圧倒的多数の国は、

この属地主義を根拠に税法を定めています。

このことを、まずは、覚えておいてくださいね。

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、
 
「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^
 
末永いお付き合いになりますが……。
 
登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

関連記事

タックスヘイブンの実態③アップルも^^

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態③アップルも^^。今年になってアップル社も、アメ

記事を読む

対外税金問題の重要マメ知識2

今回の仮面銀行マンkのお話は、 前回お話した、属地主義と属人主義の続き.....。&nbs

記事を読む

タックスヘイブンの実態②

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態②たぶん、あなたはスタバよりたくさん納税した!?

記事を読む

タックスヘイブンの実態①

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンにどれくらいの資産が隠されているのでしょう?という全体

記事を読む

no image

租税回避?「パナマ・ペーパーズ」が世界を揺るがす。

カリブ海の英領バージン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)に設立された21万余の法人に関する電子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った

中国ICO全面禁止❗️

中国当局が、仮想通貨発行による資金調達「新規仮想通貨公開(ICO=イニ

早朝からアラームが❗️

北朝鮮が通告なしに、 弾道ミサイルを発射しました。 襟裳岬の東1800

日銀の7月末資金供給量は、468.3兆円と過去最高を更新!

日銀が8月2日発表した市中の現金と金融機関の手元資金を示す日銀当座預金

米FRB議長、続投も?トランプ大統領が検討

 トランプ米大統領は、 来年2月に任期を迎えるイエレン連邦準備制度理事

→もっと見る





PAGE TOP ↑