*

対外税金問題の重要マメ知識1

公開日: : 最終更新日:2016/01/06 intelligence対外情報部

今回の仮面銀行マンkのお話は、

 

ちょっと難しいお話^^

これから、

各国間で税金の争奪戦が間違いなく起こります。

というか起こっています。

最近のアメリカの動きはまさにそうです。

 

同時に、課税が重複するという問題も

起きてくると思います。

 

では、その問題となる

税法の基本中の基本である、課税の根拠とは?

何でしょう。

 

それが、

属地主義と属人主義なんです。


これは、誰に対して、どのような人に税金を果たすかという根拠です。

これが内と無法地帯になります。

 

まずは、

1.属地主義です。

属地主義とは、課税対象となる方が、

住んでいる場所

(日本であれば、日本に住んでいる方、日本人、外国人を含む)を根拠に

課税を行うという主義です。


つまり、日本を例にすれば、

日本に居住している方は

全員!

世界中で得た所得を日本の税務当局に申告をして下さいとの方式です。

 

一方、

外国に住んでいる、日本国籍保持者は、

日本の税務当局に申告する義務があるのは、

日本国内で得た収入のみです。

 

世界の圧倒的多数の国は、

この属地主義を根拠に税法を定めています。

このことを、まずは、覚えておいてくださいね。

 

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、
 
「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^
 
末永いお付き合いになりますが……。
 
登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721
 
☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

 

関連記事

タックスヘイブンの実態③アップルも^^

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態③アップルも^^。今年になってアップル社も、アメ

記事を読む

no image

決裂となった米朝首脳会談の余波^_^

もっとも困っているのは韓国の文在寅大統領^_^3月1日は「三・一運動」100周年という重要なタイミン

記事を読む

タックスヘイブンの実態②

今回の仮面銀行マンkのお話は、タックスヘイブンの実態②たぶん、あなたはスタバよりたくさん納税した!?

記事を読む

no image

EU首脳、英離脱の延期で合意?!

EU首脳、英離脱の延期で一応合意しました。2段階の合意。①英議会が来週メイ首相の離脱案を承認した場合

記事を読む

no image

ホンダも、英語撤退?

ホンダ、英自動車工場閉鎖へ22年、欧州生産撤退し日本回帰。いよいよ、ホンダも日産も撤退ですか?英国は

記事を読む

ファーウェイポーランドスパイ事件

https://youtu.be/6QuFeY9GpaM

記事を読む

no image

金正恩の正念場?

トランプは「北朝鮮と中国は一体だ」と見抜いて、中国を締め上げれば、北朝鮮を厳しい立場に追い込める戦略

記事を読む

China帝国とは?④

ところが、2009年に、 皆さんも記憶にある、 戦後最大の金融危機である

記事を読む

China帝国とは?⑦

中国の、第三の間違いは、 古代からですが、 統一された政治体制を持ち、 その指導

記事を読む

貿易摩擦で中国は利下げへ、 FRB続けば米国の勝利?=トランプ大統領

貿易摩擦が長くなるほど、 中国は、利下げをして資金供給を 増やさざる得ないです。 アメリカも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
習近平に楯突くとこうなる… アリババ馬雲氏のアントグループに事実上の 解体命令⁉️

ロイターとブルームバーグも 中国人民銀行と銀行監視委員

no image
【裏解説】 米上院、バレット氏の最高裁判事指名を承認!

トランプさんの強運には驚きます。在任中に3人の最高裁判事を任

no image
ソフトバンクG再びサプライズ戦略 裏口上場戦略?

https://youtu.be/XzQMk14tf-8

no image
トランプ大統領は、ここ数日がヤマ場?

トランプ大統領がコロナ感染して、世界中が大騒ぎですが、容

no image
【裏解説】安倍首相ご苦労様でした。

安倍首相ご苦労様でした。 アベノミクスとは何だったのか

→もっと見る





PAGE TOP ↑