*

わかる!決算書講座②損益計算書その1

公開日: : 最終更新日:2016/01/22 わかる財務・ファイナンス講座

kです。
損益計算書、「会社が1年間ビジネスをやった結果の収支報告書」です。
 
どれだけ売上があり、
 
そこから経費や費用を差し引いた利益がどれだけあるか?
 
損益計算書をみれば、
 
「売上は多いが、利益は少ない」、
 
「売上の割には、利益は多い」 など、
 
その会社の特徴が見えてきます。

 

利益は5種類ある。

 
 
利益は「売上 - 経費 = 利益」で算出されます。
 
経費を減らせば、それだけ利益は大きくなります。
 
社長の役員報酬や従業員の給料を削れば、その分だけ利益は増加します。
 
無駄な、経費や出張を減らすなどの効率化を図れば、
 
経費を減らすのは難しいことではありません。

 

利益には多くの種類があります。
 
 
損益計算書では、以下のような仕組みになっています。
 
売上高3,000
売上原価1,500
売上総利益(粗利益)1,500
【売上高 - 売上原価】
販売費および一般管理費 500
営業利益1,000
売上総利益(粗利益) - 販売費および一般管理費】
 営業外収益  200
 営業外費用  100
経常利益1,100
【営業利益 + 営業外損益(営業外収益-営業外費用)】
 特別利益  100
 特別損失  200
税引き前当期純利益1,000
【経常利益 + 特別損益(特別利益-特別損失)】
 法人税等  400
当期純利益  600
【税引き前当期純利益 - 法人税等】
(単位:百万円)
 
また、利益には、
「売上総利益(粗利)」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」
の5つがあります。
それぞれについて、もう少し詳しくお話します。
 ・売上総利益(粗利)
 
損益計算書の一番上には「売上高」がきます。
売上から必要な経費・費用を引いていくことで、
会社が出した利益を算出できます。
一番上で費用計上するのは、商品の製造・仕入にかかった費用です。
これを売上原価といいます。
例えば、3,000円のカバンを作るために1,500円の材料費がかかったとします。
このときの1,500円が仕入れにかかった費用であり、売上原価です。

 

売上高から売上原価を引くと、売上総利益がでます。

売上総利益は粗利といわれることもあります。

 

売上総利益(粗利) = 売上高 - 売上原価(商品の製造や仕入れに必要なお金)

 

 ・営業利益

本業での儲けを表すのが営業利益です。

損益計算書の中でも、営業利益が最も重要です。

融資の際、金融機関もまずはココを見ます。

人を雇えば人件費が必要ですし、

販売には広告を出さなければなりません。

こうした販売促進をして、ようやく商品が売れていきます。

このように、商売に直接かかわる過程で支払った費用を

「販売費及び一般管理費」といいます。

 

営業利益は、ビジネスでの儲けであるため、

会社にとって営業利益を増やすことが大切です。

営業利益段階で稼げていなければいつか倒産してしまいます。

営業利益 = 売上総利益 - 「販売費及び一般管理費」

 

 ・経常利益

本業ビジネス以外での、利益や損失を加味したのが、経常利益です。

例えば、株の配当金とか、

銀行預金の利息とか。

このような「本業ビジネス以外での収益」を営業外収益といいます。

 

反対に、銀行から借りている場合は利息を支払っています。

このような借入利息は営業外費用になります。

これら本業以外での収益や損失を含めて利益を算出します。

このときの利益を経常利益といいます。

経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用

 

・税引前当期純利益

いわゆるビジネスとは無

一時的な要因によって発生した特別利益や特別損失を加味したのが税引前当期純利益です。

 

会社が特別利益を得る場合としては、

工場や土地をや機械を売った際に、

買った時より高く売れてしまった場合、

満期保険金が入金になった場合等が挙げられます。

このように、一時的にお金を得た場合は特別利益にします。

 

工場や土地をや機械を売った際に、

買った時より安くしか売れず、損してしまった場合

特別損失を計上します。

これらを加味して税引前当期純利益を出します。

 

税引前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 - 特別損失

 

・当期純利益

税引前当期純利益から、法人税や住民税などを引くと、最終回答に当期純利益がでます。

当期純利益が1年間の稼ぎの手残りです

 

当期純利益 = 税引前当期純利益 - 法人税・住民税など

 

このように、利益には多くの種類があり、「どの段階でどれだけの利益を出しているのか?」が大事です。

 

幾ら、税引前当期純利益が300万円だったとしても、

「営業利益が200万円の赤字」で、

「株売って500万円利益を得た」という中身であったらどうでしょう?

いくら最終的な利益が出ていたとしても、
本業である営業利益が赤字である以上、
正常ではないことが分かります。
このようにして、損益計算書を理解していきます。

仮面銀行マンk

 

☆仮面銀行マンkが、銀行中枢部まで登りつめた道程を書いた、

「あの暁に向かって走れ!」をメルマガにしました^^

末永いお付き合いになりますが……。

登録はコチラ⇒https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187721

☆コーヒー一杯で、
kの本音トーク、生き方に迷ったら!仮面銀行マンK:人生のビタミンメルマガ
(月額980円)
コチラです⇒

https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=3T3JAMJBYLNLJ

関連記事

わかる!決算書講座⑧キャッシュフロー計算書とは?その2

kです!決算書には、 損益計算書と貸借対照表とキャッシュフロー計算書があります。 損益計算書と貸借対

記事を読む

わかる!決算書講座⑦キャッシュフロー計算書とは?その1

kです!決算書には、 損益計算書と貸借対照表とキャッシュフロー計算書があります。 損益計算書と貸借対

記事を読む

わかる!決算書講座⑤貸借対照表その2流動資産・固定資産

前回からは、貸借対照表についてお話しています。 貸借対照表は「企業がどのようにお金を調達し、運用して

記事を読む

わかる!決算書講座④貸借対照表その1

前回までに、損益計算書についてお話しました。 今回からは、貸借対照表についてお話します。  貸借対照

記事を読む

わかる!決算書講座③損益計算書その2

前回は利益についてお話しました。 今回は、経費・費用についてお話します。 会社で、どのような経費・費

記事を読む

わかる!決算書講座①

財務を理解するには、 まず、 会計の決まりごとを理解することが大切です。 その会計の決まりごとに沿っ

記事を読む

わかる!決算書講座⑥貸借対照表その4純資産とは?

では、今回から、 貸借対照表の中の「純資産」について解説していきます。 純資産は会社の貯金ともいえる

記事を読む

わかる!決算書講座⑥貸借対照表その3流動負債・固定負債

では、今回から、 貸借対照表の右側の負債についてのお話しです。  負債 負債というのは、将来返さなけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「誰が為に選挙の鐘は鳴る?」

安倍さんが、解散総選挙を発表した時は、安倍さん、絶対有利と誰もが思った

中国ICO全面禁止❗️

中国当局が、仮想通貨発行による資金調達「新規仮想通貨公開(ICO=イニ

早朝からアラームが❗️

北朝鮮が通告なしに、 弾道ミサイルを発射しました。 襟裳岬の東1800

日銀の7月末資金供給量は、468.3兆円と過去最高を更新!

日銀が8月2日発表した市中の現金と金融機関の手元資金を示す日銀当座預金

米FRB議長、続投も?トランプ大統領が検討

 トランプ米大統領は、 来年2月に任期を迎えるイエレン連邦準備制度理事

→もっと見る





PAGE TOP ↑